ESRI Discussion Paper Series No.3
Risk Premiums and Exchange Rate Expectations:A Reassessment of the So-Called Dollar Peg Policies of Crisis East Asian Countries 1994-97

2001年6月
  • 高木 信二(大阪大学大学院経済学研究科教授、イェール大学教授、内閣府経済社会総合研究所客員主任研究官)
  • 江阪 太郎(大阪大学大学院経済学研究科)

要旨

通貨危機に陥った東アジア4カ国(インドネシア、韓国、マレーシア、タイ)を対象に、資本流入において金融為替政策が果した役割を分析する。第一に、1987年から1997年までの四半期データを使い、マクロ的な枠組みで、不胎化政策の有効性を評価する。第二に、1994年から1997年までの月末データを使い、unobserved component modelの手法を使い、東アジア通貨と米ドルの金利差をリスクプレミアムと期待為替減価率に分解し、いわゆるドルペッグ政策の信認度を測る。これらの分析より、(1)外貨準備と通貨供給量との間に統計的に有意な関係は見られず、不胎化はおおむね有効であった、(2)東アジア通貨のリスクプレミアムは大きく、対ドル市場期待為替レートは安定的ではなかった、ことが示される。すなわち、東アジア通貨建て資産とドル建て資産は不完全代替であり、不胎化は有効であったが、それと同時に、リスクプレミアムの増加を通して金利差を拡げ、資本流入を増大させた。この意味で、通貨危機に先立つ資本流入の重要な誘因は、信認を欠いたドルペッグ政策ではなく、それに付随した不胎化政策であった。

本文のダウンロード

Risk Premiums and Exchange Rate Expectations:A Reassessment of the So-Called Dollar Peg Policies of Crisis East Asian Countries, 1994-97別ウィンドウで開きます。(PDF型式 149 KB)

全文の構成

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 2ページ
    1. Introduction
  3. 6ページ
    2. An Unobserved Components Model of the Foreign Exchange Risk Premium
    1. 6ページ
      2.1. Decomposing the Excess Return
    2. 8ページ
      2.2. Identifying the Foreign Exchange Risk Premium
  4. 10ページ
    3. Estimating the Foreign Exchange Risk Premium
    1. 10ページ
      3.1. The Overall Performance of the Model
    2. 11ページ
      3.2. Mean Foreign Exchange Risk Premium
    3. 13ページ
      3.3. The Time Profiles of Risk Premiums
  5. 15ページ
    4. On the Credibility the So-called Dollar Peg Policies
    1. 15ページ
      4.1. Monetary, Exchnge Rate and Other Policy Developments
    2. 19ページ
      4.2. Estimating the Expected Future Spot Exchange Rate
  6. 20ページ
    5. Summary and Concluding Remarks
  7. 22ページ
    AppendixI. The Sources and Nature of Interest Rate Data
  8. 23ページ
    AppendixII. An Outline of the Kalman Filter Algorithm
  9. 29ページ
    Table and Figure
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)