ESRI Discussion Paper Series No.7
Currency Substitution Speculation and Crises: Theory and Empirical Analysis
通貨代替と通貨危機-理論と実証

2001年11月
  • 澤田 康幸(東京大学大学院総合文化研究科助教授、内閣府経済社会総合研究所客員研究員)
  • Pan A. Yotopoulos(スタンフォード大学教授)

要旨

本論文では、通貨危機の第1世代モデル(ファンダメンタルズモデル)に通貨代替を導入したモデルを構築する。本モデルを用いた理論的・実証的分析は、為替レートの減価バイアスと通貨代替の程度の間に強い正の相関関係があり、さらには通貨代替の程度と経済発展の間に負の関係が見られるということを示している。本論文の分析結果は、過度の通貨代替が通貨危機を誘発する限りにおいて、外貨保有に対する規制が通貨危機の抑止策として考え得るということを示唆している。

本文のダウンロード

Currency Substitution, Speculation, and Crises: Theory and Empirical Analysis別ウィンドウで開きます。(PDF形式 202 KB)

全文の構成

  1. 2ページ
    Abstract
  2. 3ページ
    1. Introduction
  3. 5ページ
    2. The Predecessors
  4. 7ページ
    3. The Fundamentals Model of Balance-of-Payments Crisis under Currency Substitution
    1. 7ページ
      3.1. The Micro-fundamentals of Currency Substitution
    2. 10ページ
      3.2. The Monetary Model of Currency Crisis
    3. 13ページ
      3.3. The Role of the Central Bank
    4. 13ページ
      3.4. The Collapse of the Fixed Exchange Rate Regime
  5. 16ページ
    4. Empirical Implementation
    1. 17ページ
      4.1. The Empirical Model
    2. 20ページ
      4.2. The Data Set
    3. 23ページ
      4.3. Estimation Results of the Currency Softness Index
  6. 25ページ
    5. Speculative Attacks and Policy Implications
  7. 29ページ
    6. Conclusions
  8. 31ページ
    Appendix A: derivation of the first-order conditions
  9. 32ページ
    Appendix B: derivation of the currency substitution variable
  10. 33ページ
    Appendix C: proof of the proposition 1
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)