ESRI Discussion Paper Series No.14
減税施策と消費行動のミクロ・データによる研究

2002年9月
雅博
(内閣府経済社会総合研究所)
清水谷
(内閣府経済社会総合研究所)

要旨

1.趣旨、問題設定

長引く日本経済の低迷を理解する上で、需要の最大構成項目である家計消費の分析は不可欠である。特に90年代には、累次に渡る税制変更や地域振興券施策等、家計の消費喚起を意図した多くの政策が立案・実施された。しかしながら、こうした施策が実際にどの程度の消費拡大効果を有したかについては、実証分析もほとんどなく、未だ確たる定説が存在しないことから、実証分析の蓄積が喫緊の課題となっている。

本研究は、こうした問題意識に立って、昨年来、ミクロ・データを活用した各種政策効果の実証研究を進めてきたものである。こうした政策効果分析は、従来、集計マクロ・データ(SNA)を用いて行われてきたが、近年における計量経済学の進歩の結果、ミクロの経済主体の最適化行動から導かれる理論モデルを集計データで分析することの限界が明らかになった。本研究ではこうした進展を踏まえ、総務省より提供された家計調査の個票データを用い、90年代の諸施策が消費行動に与えた影響を解明している。

2.目的及び分析手法

本研究では、将来の政策策定時に有効足り得る政策効果の実証的検証例を提供する観点に立ち、主として家計調査の個票データを活用しつつ、90年代中庸以降相次いで試みられた減税施策の計量的評価を試みている。より具体的には、

a. 地域振興券策とほぼ同規模だった98年の一時減税の効果を振興券と比較する.

b. 90年代最初の減税である94年減税の効果を量的に評価する.

c. 同形態で試みられた95年と96年の減税を比較し、直後に予想された増税が減税策の効果に及ぼす影響を評価する.

等を試みた。

3.分析結果の主要なポイント

分析結果をまとめれば、以下の通り。

(1)98年減税策の効果、及び地域振興券施策との比較

  • 個票データに基づく推計結果では、98年減税はその時点においてサービス等を中心に消費を拡大させ、減税実施月内でみた限界消費性向は0.6程度であった。初期のインパクト及びその後に効果が減衰するパターンも含め、減税策と地域振興券策に顕著な効果の差は見られない(但し、消費が拡大した財の種類は異なった)。

(2)94年減税策の効果

  • 94年減税はその実施時点において消費を拡大させたが、減税実施月内の限界消費性向は0.2程度と小さかった。また、数ヶ月で効果が減衰していく点は、これまでの結果(地域振興券、98年減税)と共通していた。

(3)96年減税策と95年減税策の比較

  • これらの減税でも消費拡大が生じたが、その効果はこれまでの分析同様一時的である。実施月内の限界消費性向は95年で0.7台、96年ではその半分以下となり、増税が間近に予想される状況では減税効果が小さくなる可能性が示唆された。

4.結び

景気の低迷が続く中で、家計消費を如何にして上向かせるかは喫緊の政策課題である。地域振興券施策や累次の減税策は、そうした消費喚起の一つの試みであったといえよう。本分析の結果を見る限り、(一時)減税策は有意な消費刺激効果を有したものの、その効果は限定的で、また時間とともに減衰する一時的性格であったことがわかる。

政策効果分析ユニットでは、今後も引き続き90年代の諸政策が消費行動に与えた影響を検証し、政策策定に有益な客観的実証分析の蓄積に努めたい。

全文ダウンロード

Micro Data Studies on Japanese Tax Policy and Consumption in the 1990s別ウィンドウで開きます。(PDF形式 436 KB)

項目別ダウンロード(全3ファイル)

Micro Data Studies on Japanese Tax Policy and Consumption in the 1990s

PART 1 : Consumer Response to the 1998 Tax Cut別ウィンドウで開きます。(PDF形式 245 KB)

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 2ページ
    1.Introduction
  3. 3ページ
    2. The 1998 Tax Cut Episodes
  4. 5ページ
    3. Data and Calculation of Tax Cut Amounts
  5. 7ページ
    4. Impact of the 1998 Tax Cuts on Consumption
  6. 11ページ
    5. Which of Tax Cut or Coupon Program is More Effective?
  7. 14ページ
    6. Conclusion
  8. 17ページ
    Appendix: Calculation of Tax Cut Amount
  9. 19ページ
    Figures and Tables

PART 2 : Consumer Response to the 1994 Tax Cut別ウィンドウで開きます。(PDF形式 82 KB)

  1. 40ページ
    Abstract
  2. 41ページ
    1.Introduction
  3. 41ページ
    2. Literature survey
  4. 42ページ
    3. The 1994 Tax Cut
  5. 43ページ
    4. Data Description and Tax Cut Calculation
  6. 44ページ
    5. Impact of the 1994 Tax Cut on Consumption
  7. 47ページ
    6. Conclusion
  8. 50ページ
    Tables

PART 3 : Consumer Response to the 1995/96 Tax Cut別ウィンドウで開きます。(PDF形式 93 KB)

  1. 59ページ
    Abstract
  2. 60ページ
    1.Introduction
  3. 61ページ
    2. Literature survey
  4. 61ページ
    3. The 1995/1996 Tax Cut
  5. 63ページ
    4. Data Description and Tax Cut Calculation
  6. 64ページ
    5. Impact of the 1995/96 Tax Cut on Consumption
  7. 66ページ
    6. Conclusion
  8. 70ページ
    Tables
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)