ESRI Discussion Paper Series No.18
営利業者参入で訪問介護市場は効率的になったか?

2002年12月
清水谷
(内閣府経済社会総合研究所研修企画官)
鈴木
(大阪大学大学院国際公共政策研究科助教授)

要旨

1.趣旨及び背景

2000年4月に公的介護保険制度が導入されてから、約2年半が経過した。この改革は、創設以来「措置」制度の支配下に置かれていた福祉サービス分野に市場メカニズムを導入したという点で、先駆的な実験だった。介護保険の導入は、訪問介護市場への営利法人の参入を可能にした。

この論文では、この訪問介護市場に焦点をあて、営利業者の参入が介護コストの低下やサービスの質の向上にどの程度貢献したかを実証分析する。

2.目的及び手法

このペーパーでは、導入後約1年半が経過した2001年秋に独自に収集した訪問介護業者のデータを用いて、次の2点について、実証分析を行う。

  • (1) 非営利業者や公的業者に比べて、営利業者のサービスの質は高いのか。
  • (2) 非営利業者や公的業者に比べて、営利業者はより少ないコストで介護サービスを提供することは可能か。

(注:それぞれの業者の範囲については文末を参照)

まず、サービスの質については、12分野48項目にわたる独自の評価基準をもとに、営利・非営利・公的業者間で比較を行った。この中にはサービスの管理・維持、職員管理、研修制度、従業員の資格・経歴、利便性などが含まれる。こうした多岐にわたる評価により、職員の質に着目した本ディスカッションペーパーシリーズNo.17よりも、多角的にサービスの質を評価することが可能となった。

次に、得られたサービスの質を考慮した上で、介護サービスを提供するコストの比較を行った。具体的には、いくつかの関数型でコスト関数を推計し、営利業者が多く含まれる新規業者と既存業者間の効率性の差を検証した。

日本ではデータの制約により、これまで、サービスの質やコストについて、本格的な実証分析が行われてこなかったが、今回の分析によって、初めてデータで検証されることになった。

3.分析結果の主要なポイント

(1) 訪問介護市場におけるサービスの質

営利業者と非営利業者の間でサービスの質に明らかな違いはない。非営利業者は従業員の資格・経歴などの項目で営利業者よりも優れている。一方、利便性などでは営利業者の方が勝っている。しかし、公的業者のサービスの質は営利業者に比べて明らかに低くなっている。

(2) 訪問介護市場における効率性

サービスの質及び他の条件を考慮したコスト関数の推計結果によると、新規業者のコストは既存業者より約4割低い。公的業者もコスト面では優れているという結果となったが、これは立地条件の良さや採算性の高い顧客の確保など一種の先発利益を反映しており、公的業者が効率的だとはいえない。

4.結び

訪問介護市場に営利業者の参入を認めたことで、これまでのところ競争が働き、コストも低下している。営利業者には、サービスの質を落として短期的な利益をあげようとする行動(機会主義的行動)もみられない。また、営利業者はより低いコストで効率的な経営を行っている。今後、営利業者がその能力を十分に発揮できるよう、競争条件の整備を進めていくことで、介護サービス市場全体がより低いコストでより高いサービスの質を提供することが可能となる。


(注) このペーパーでは、訪問介護業者をいくつかに分類している。定義は以下の通り。

  1. (A) 経営主体別の分類
    1. (1) 営利業者(株式会社及び有限会社、個人)
    2. (2) 非営利業者(社会福祉法人(社会福祉協議会を除く)、日本赤十字社、医療法人、協同組合及び連合会、NPO法人、財団・社団法人、社会福祉事業団、その他)
    3. (3) 公的業者(都道府県、市町村、一部事務組合、社会福祉協議会)
  2. (B) 参入時期別の分類
    1. (1) 新規業者(1999年以後事務所を設立した業者)
    2. (2) 既存業者(1999年以前に事務所を設立した業者)

本文のダウンロード

The Quality and Efficiency of At-Home Long-Term Care in Japan:Evidence from Micro -level Data別ウィンドウで開きます。(PDF形式 129 KB)

全文の構成

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 2ページ
    1.Introduction
  3. 3ページ
    2.Literature Review
  4. 5ページ
    3.Data
  5. 5ページ
    4.Comparison of Quality of Service
  6. 11ページ
    5.Comparison of Efficiency
  7. 13ページ
    6. Conclusion
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)