ESRI Discussion Paper Series No.19
銀行貸出とその他の資金調達手段の優位性

2002年12月
  • 原田 泰(内閣府経済社会総合研究所総括政策研究官)
  • 岡本 慎一(日本生命保険相互会社株式部課長補佐)

要旨

1.趣旨及び背景

銀行の機能低下が経済に決定的な影響を与えているという議論がみられるが、そのような結論を導いている実証研究はむしろ少ない。にもかかわらず、多くの人々が銀行機能の低下が経済停滞と強い関係を持っていると考えている状況がある。そこで本研究では、銀行貸出の経済変動についての予測力を見ることによって、銀行の機能低下が経済停滞とどの程度の関係があるかを分析することとした。

2.目的及び手法

本研究の目的は、銀行貸出、マネーサプライ、その他の資金調達手段の経済変動についての予測力をVAR(Vector Autoregression)モデルによって考察することである。ここではもっとも単純な非構造型のVARモデルを用いた。一般に、大企業は資本市場に依存することができるが、中小企業は銀行に依存するしかない、と言われているので、中小企業の経済活動への予測力に重点を置いて分析を行なった。

3.分析結果の主要なポイント

銀行貸出、銀行以外の資金調達、マネーサプライの設備投資、GDPに対する予測力を見たところ、一般に銀行貸出は、銀行貸出以外の資金調達よりも強い予測力を持っているという結果となった。また、マネーサプライと銀行貸出の予測力を比べると、同程度という結果になった。以上は、これまでの研究とも同様の結果である。しかし、被説明変数を中小企業の設備投資とした場合には、銀行貸出とそれ以外の資金調達の予測力は同程度となり、マネーサプライの予測力は銀行貸出よりも強くなった。さらに、中小企業向け貸出の中小企業の設備投資に対する予測力を見たところ、企業間信用が中小企業向け貸出の予測力を上回る結果となった。

4.結び

銀行貸出の経済活動についての予測力が、中小企業については必ずしも高くないという結果は、これまで、銀行貸出が中小企業には他の資金調達手段では代替できない機能を有していると議論されてきたことを考えると意外である。ただし、以上は、データの信頼性や推計の頑健性に問題が残されている中での結果であることについて留意する必要がある。

本文のダウンロード

銀行貸出とその他の資金調達手段の優位性別ウィンドウで開きます。(PDF形式 506 KB)

全文の構成

  1. 要約
  2. 4ページ
    はじめに
  3. 5ページ
    1.これまでの研究
    1. 5ページ
      (マネー・ビューとクレディット・ビュー)
    2. 5ページ
      (銀行貸出とマネーの優位性を比較する研究の2つのタイプ)
    3. 6ページ
      (日米の実証研究の現状)
    4. 7ページ
      (本稿の方法)
  4. 7ページ
    2.データの観察
    1. 7ページ
      1. 民間銀行貸出、貸出を除く総資金調達、マネーサプライと民間企業設備投資との関係
    2. 8ページ
      2. 民間銀行貸出、貸出を除く総資金調達、マネーサプライと中小企業設備投資との分析
  5. 8ページ
    3.経済変動と貸出、総資金調達、マネーのVARモデルによる分析
    1. 8ページ
      1. VARモデル構築のための手続き
      1. 8ページ
        (変数の選択と定常性の検定)
      2. 8ページ
        (ラグ次数の決定)
    2. 9ページ
      2. グランジャー因果性の結果
    3. 9ページ
      3. インパルス応答関数の結果
  6. 10ページ
    4.中小企業の設備投資・付加価値と企業間信用のVARモデルによる分析
    1. 10ページ
      1. VARモデル構築のための手続き
    2. 10ページ
      2. グランジャー因果性の結果
    3. 11ページ
      3. インパルス応答関数の結果
  7. 11ページ
    5.中小企業の設備投資・付加価値と中小企業向け貸出と企業間信用のVARモデルによる分析
    1. 12ページ
      1. データの観察
    2. 12ページ
      2. VARモデル構築のための手続き
    3. 12ページ
      3. グランジャー因果性の結果
    4. 12ページ
      4. インパルス応答関数の結果
  8. 13ページ
    結語
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)