ESRI Discussion Paper Series No.47
日本企業の研究開発の効率性はなぜ低下したのか

2003年6月
  • 榊原 清則(慶應義塾大学総合政策学部教授)
  • 辻本 将晴(慶應義塾大学大学院博士課程)

要旨

1.問題意識

日本企業の研究開発は売上げや利益につながっているのだろうか-。研究開発との関連で日本の製造業企業はいま、こういう疑問に直面している。研究開発の効率性が低下してきているのではないかという問題である。

この問題は、たとえば次の2つの観察によって確かめることができる。第1は研究開発投資と設備投資との対応関係の観察である。第2は研究開発投資と利益との対応関係の観察である。

2.研究開発と、設備投資、利益、企業成長との関係

そこで第1に、日本企業について、研究開発と設備投資との関係、次に研究開発と利益との関係に関する先行研究をそれぞれ紹介するのが、この論文の最初の作業である。

第2に、研究開発と企業成長との関係を調べた米マッキンゼーの調査を紹介する。彼らは通説に異を唱え、研究開発と企業成長との間に一般的な関係は存在しないと主張している。

第3に、従来おもに経済学者が進めてきた、研究開発投資の収益率に関する分析をとりあげ、推計結果と推計をめぐる問題点を紹介する。

3.研究開発の効率低下の理由

以上のレビューで、研究開発の効率低下が疑問の余地なく確認できるわけではない。だが効率低下を示唆する研究はたしかに多いようである。

そこで論文の後半では、日本企業の技術戦略と、そのイノベーション課題の変化および研究開発マネジメントの特徴に言及し、なぜ効率が低下したのか、効率低下の理由を探る。

そして、1980年代後半から閉鎖性を高めていった日本企業の技術戦略が、研究開発の効率低下に大きく関わっていることが示唆される。

本文のダウンロード

日本企業の研究開発の効率性はなぜ低下したのか別ウィンドウで開きます。(PDF形式 299 KB)

全文の構成

  1. 1ページ
    1.はじめに
  2. 1ページ
    2.研究開発と設備投資
  3. 4ページ
    3.研究開発と利益
  4. 6ページ
    4.研究開発と企業成長:マッキンゼー調査
  5. 8ページ
    5.研究開発投資の収益率分析
    1. 8ページ
      (1)生産関数を用いた限界収益率の推計
    2. 9ページ
      (2)収益率の決定要因分析
  6. 10ページ
    6.日本企業の技術戦略
    1. 10ページ
      (1)アメリカの実態
    2. 12ページ
      (2)閉鎖的になった日本企業の技術戦略
  7. 15ページ
    7.日本企業のイノベーション課題とマネジメント
    1. 15ページ
      (1)イノベーション課題の変化
    2. 15ページ
      (2)研究開発マネジメントの特徴
  8. 18ページ
    8.おわりに
  9. 18ページ
    参考文献
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)