ESRI Discussion Paper Series No.66
日本の生産性と経済成長-産業レベル・企業レベルデータによる実証分析-

2003年10月
  • 深尾 京司(一橋大学経済研究所)
  • 権 赫旭(一橋大学大学院経済学研究科)

要旨

本論文では、内閣府経済社会総合研究所の『日本の潜在成長力の研究』ユニットで著者が他の研究者と共同で開発した『日本産業生産性データベース(Japan Industrial Productivity Database、JIPデータベース)』や『企業活動基本調査』個票データをもとに、日本のTFP上昇率の最近の低迷がどのような原因で生じているかを探った。分析により、以下の結果を得た。

近年のTFP上昇率の低迷は、非製造業まで含めた資本設備の稼働率下落によって、一部説明できるが、これを調整しても特に製造業においてTFP上昇率の低迷が著しい。一方非製造業では、規制緩和が進んだ産業を中心にTFP上昇率の加速が観察された。また製造業を営む企業の個票データを用いた分析により、参入・退出効果がマイナス(生産性の高い企業が退出し、低い企業が存続する)という現象が90年代に観察された。このような市場の「新陳代謝機能の低下」と新規参入率の低下が日本の製造業の生産性低迷の原因の一つである可能性が高い。

我々はまた、存続企業のTFPの変動を、規模効果、稼働率変動効果、および技術進歩に分解した。その結果、企業レベルで稼働率の変動や規模効果を調整した場合でも、技術進歩率の下落が多くの産業で観察された。

本文のダウンロード

日本の生産性と経済成長-産業レベル・企業レベルデータによる実証分析-別ウィンドウで開きます。(PDF形式 290 KB)

全文の構成

  1. 1ページ
    1.はじめに
  2. 3ページ
    2.供給側から見た低成長の原因:マクロレベルの分析
  3. 10ページ
    3.TFP成長率の産業別動向とその背景
  4. 14ページ
    4.参入・退出と製造業の生産性:企業データによる成長会計分析
  5. 23ページ
    5.稼働率変動、規模効果と技術進歩:企業データによるパラメトリックな分析
  6. 32ページ
    6.おわりに
  7. 34ページ
    補論A.JIPデータベースの全体像と特徴
  8. 40ページ
    補論B.企業レベルの実証分析に利用したデータについて
  9. 43ページ
    補論C.付帯表
  10. 45ページ
    参考文献
  11. 49ページ
    図表
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)