ESRI Discussion Paper Series No.155
地方債と地方財政規律-諸外国の教訓-

2005年9月
  • 土居 丈朗(慶應義塾大学経済学部、内閣府経済社会総合研究所)
  • 林 伴子(内閣府参事官(国際経済担当)、内閣府経済社会総合研究所前主任研究官)
  • 鈴木 伸幸(野村総合研究所)

要旨

1.問題意識

我が国の地方債残高は1990年代以降急増し、現在、対GDP比約40%と国際的にも高い水準に達している。我が国財政全体の持続可能性を確保するためには、国債残高のみならず、地方債残高の累増を抑制し、削減していくことが不可欠となっている。他方、近年の世界的な地方分権の潮流や、政府債務残高の増加を背景に、先進各国では地方債管理のあり方について変化がみられ、また、地方債と地方財政規律のあり方について多くの調査研究が行なわれつつある。

2.分析の手法

本稿では、地方債管理と財政規律の国際的な動向について先行研究を展望するとともに、米国、フランス、カナダ、スウェーデンの現地調査により各国の制度と現状、問題点を比較調査し、我が国の地方債と地方財政規律のあり方への示唆を検討した。

3.分析結果の主なポイント

その結果、諸外国の事例からの示唆として次のような点を明らかにした。

  • (1) 連邦政府や州政府などの上位政府による直接的な債務保証がないことによって、地方債発行に規律が働いていることである。諸外国においては、上位政府による直接的な債務保証がないため、地方政府の財政状況などに応じて地方債に金利差が発生している。この金利差の存在こそが、起債にあたっての事業や返済財源の綿密な検討、よい格付や民間の金融保証保険会社からの保証を得るための努力、発行主体の全体の財政や債務の中長期にわたる厳密な管理などの規律付けを生んでいる。また、地方債発行の過程で、様々な専門家(発行体の財務担当者、引受業者、弁護士、その他の財務コンサルタント、金融保証保険会社、格付機関等)が関わり、地方債の返済可能性について綿密な検討がなされている。さらに、いくつかの国では、上位政府ではなく、民間の金融保証保険会社によって地方債の保証が行われている。返済に疑問がある地方債は、むしろ金融保証保険会社により、担保の追加や、返済が滞った際の条件の再設定など、信用向上の働きかけがなされる。金融保証保険会社の側では、信用度の低い地方債の保証を過度に引き受けないことによって、会社自体の格付けを維持するインセンティブがある。こうした因両立性が、信用度が高い地方債はより好条件で市場で発行でき、信用度の低い地方債はより不利な条件でしか発行できないことから増発に歯止めがかかるという形でうまく機能している。
  • (2) いくつかの国では、地方債の格付が市場参加者へのシグナルを提示する機能を果たしている。格付の存在により、投資家の投資判断が向上し、発行主体にとっても格下げがより高い調達コストをもたらすことを意図することから、地方債発行に規律を与える。また、同じ格付けを持つ地方債は、市場において同等の扱いを受けることから、発行ロットが少ない地方債でも、格付けによって金融商品として基準化され、調達コストの抑制をもたらす。
  • (3) さらに、地方政府の破産法制によって、上位政府等からの不透明な救済が行われることなく、事前に明示された過程で発行主体の債務整理や再建が可能となっている。

4.結び

以上から、地方分権のもとでの地方財政規律を向上させるには、地方債をめぐる市場メカニズムをよりよく発揮できる環境が重要であることが示唆された。それとともに、地方財政における財政運営ルールの存在も市場メカニズムを補完するものとして重要な機能を果たすことなどが明らかになった。

全文ダウンロード

地方債と地方財政規律-諸外国の教訓-別ウィンドウで開きます。(PDF形式 754 KB)

項目別ダウンロード(全2ファイル)

  1. 1ページ
    はじめに別ウィンドウで開きます。(PDF形式 418 KB)
  2. 2ページ
    I 地方債管理と財政規律の国際動向
    1. 2ページ
      1 地方債管理からみた財政規律に関する研究動向
    2. 3ページ
      2 地方債管理の国際類型
  3. 11ページ
    II 主要国の地方財政および地方債制度の概要
    1. 11ページ
      1 主要国の地方財政の状況
    2. 13ページ
      2 主要国の地方債発行状況と地方債制度
  4. 22ページ
    III 米国の地方債制
    1. 22ページ
      1 地方債の発行・流通状況
    2. 25ページ
      2 地方債の種類と概要
    3. 31ページ
      3 地方債制度上のプレーヤー
    4. 56ページ
      4 財政破綻に関するルール・措置
    5. 59ページ
      5 PPPの進展による地方債制度への影響
    6. 60ページ
      6 我が国への示唆ー
  5. 63ページ
    1. 63ページ
      1 地方債発行の現状
    2. 67ページ
      2 フランスにおける地方債制度の概要
    3. 72ページ
      3 フランスにおける地方債制度の改革
    4. 78ページ
      4 フランスにおける地方債制度のプレーヤー
    5. 94ページ
      5 我が国への示唆
  6. 96ページ
    V スウェーデンの地方債制度
    1. 96ページ
      1 地方債発行の現状
    2. 98ページ
      2 スウェーデンにおける地方債制度の概要
    3. 101ページ
      3 スウェーデンにおける地方債制度のプレーヤー
    4. 115ページ
      4 我が国への示唆
  7. 117ページ
    VI カナダの地方債制度
    1. 117ページ
      1 連邦政府と州政府・地方政府との関係
    2. 120ページ
      2 州債の制度と動向
    3. 130ページ
      3 地方債の制度と動向
    4. 137ページ
      我が国への示唆
  8. 139ページ
    VII 各国の地方債制度の動向と我が国への示唆
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)