ESRI Discussion Paper Series No.201
短期日本経済マクロ計量モデル(2008年版)の構造と乗数分析

2008年11月
飛田史和
(金融庁監督局参事官(前内閣府経済社会総合研究所総括政策研究官))
田中賢治
(内閣府経済社会総合研究所主任研究官)
梅井寿乃
(内閣府国民生活局総務課(前内閣府経済社会総合研究所研究官))
岩本光一郎
(内閣府経済社会総合研究所客員研究員)
鴫原啓倫
(内閣府経済社会総合研究所行政実務研修員)

要旨別ウィンドウで開きます。(PDF形式 47 KB)

内閣府・経済社会総合研究所は、随時の改訂が可能で、公開性及び機動性の高いコンパクトな「短期日本経済マクロ計量モデル」を開発し、1998年に公表した。「短期日本経済マクロ計量モデル」は、四半期ベースの推定パラメータ型計量モデルである。2008年版においては、方程式総数152本、うち推定式48本の中型のモデルであり、財貨・サービス市場、労働市場、貨幣市場、及び外国為替市場の4市場から構成される。伝統的なIS-LM-BP型のフレーム・ワークであり、いわば「価格調整を伴う開放ケインジアン型」と言える。本稿においては、1990年から直近時点のデータを利用し、経済の情勢を織り込んで改訂を行ったものである。

全文ダウンロード

短期日本経済マクロ計量モデル(2008年版)の構造と乗数分析別ウィンドウで開きます。(PDF形式 746 KB)

項目別ダウンロード(全2ファイル)

  1. 本文別ウィンドウで開きます。(PDF形式 342 KB)
  2. 第1章 短期日本経済マクロ計量モデル(2008年版)の概要
    1. 4ページ
      第1節 短期日本経済マクロ計量モデルの基本的構造
    2. 7ページ
      第2節 短期日本経済マクロ計量モデルの特徴・これまでの主な改定状況
    3. 8ページ
      第3節 今回の改定事項の概要
  3. 第2章 今回の改訂事項
    1. 9ページ
      第1節 設備投資関数
    2. 11ページ
      第2節 労働力人口
    3. 14ページ
      第3節 輸入連鎖統合
  4. 第3章 モデルの動学的パフォーマンス
    1. 16ページ
      第1節 主要乗数シミュレーションの結果
    2. 25ページ
      第2節 モデル乗数の線形性
  5. 28ページ
    補論 設備投資関数に関する残された課題
  6. 31ページ
    主要参考文献別ウィンドウで開きます。(PDF形式 420 KB)
  7. 34ページ
    付属資料 1.短期日本経済マクロ計量モデルの乗数詳細表
  8. 62ページ
    付属資料 2.同変数名一覧
  9. 66ページ
    付属資料 3.同方程式体系
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)