ESRI Discussion Paper Series No.242
公共政策のためのマイクロシミュレーション:スウェーデンのダイナミックマイクロシミュレーションモデル“SESIM”の経験をもとに

2010年8月
  • アンダース クレブマルケン(ウプサラ大学経済学部教授)

要旨

本論文は、スウェーデンのマイクロシミュレーション・モデル“SESIM”による政策分析への応用を図ったものである。これまでSESIMによる政策分析では、学生に対する奨学金・貸付金にはじまり、公共部門を通じての再分配、とくに人口高齢化の結果生じる状況の研究が進められてきている。
本論文では、“SESIM”の構造と特性について述べ、このモデルが、種々の政策の評価にどのように用いることができるかを示す。

本文のダウンロード

公共政策のためのマイクロシミュレーション:スウェーデンのダイナミックマイクロシミュレーションモデル“SESIM”の経験をもとに別ウィンドウで開きます。(PDF形式 256 KB)

全文の構成

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 2ページ
    1. Introduction to microsimulation
  3. 3ページ
    2. Introduction to SESIM
    1. 3ページ
      2-1.Why SESIM was built
    2. 4ページ
      2-2.The structure and nature of SESIM
  4. 9ページ
    3. Policy applications of SESIM
    1. 9ページ
      3-1.Public support to students
    2. 12ページ
      3-2.Lifetime Redistribution through taxes, transfers and non-cash benefits
    3. 14ページ
      3-3.Intergenerational redistribution
    4. 19ページ
      3-4.The pension system
    5. 20ページ
      3-5.Population ageing
  5. 42ページ
    4. Concluding evaluation of advantages and short comings of SESIM
  6. 46ページ
    References
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)