ESRI Discussion Paper Series No.257
景気循環の周期と位相偏移の推定-単変量および多変量バンドパスフィルタによる接近-

2010年12月
  • 飯星 博邦(首都大学東京大学院社会科学研究科教授)

要旨

本稿の目的は、モデルベースである単変量および多変量バンドパスフィルタの日本の時系列データへの適用可能性を検証することにある。まず、本稿はHarvey and Trimbur(2003)に従い一般化バターワースーフィルタ(Generalized Butterworth Filter)と呼ばれるカルマンフィルタを利用したUnobservable Component(UC)モデルにより景気一致指数や鉱工業生産指数などの月次データのバンドバスフィルタをおこないサイクル成分の抽出をおこなった。この手法の特長は従来のHPフィルタやBKフィルタの手法と異なり、各データに応じた最適なパラメータを推定することにある。さらに、本稿ではValle e Azevedo, Koopman and Rua(2006)によりこの単変量バンドパスフィルタが多変量に拡張されたUCモデルを利用して、位相偏移(先行・遅行の大きさ)の観点から在庫循環図の分析、および景気動向指数を構成する個別の29系列について景気一致指数と比較した位相偏移の推定を行った。また、景気一致系列11系列から共通サイクルの抽出とこれらの個別系列間の位相偏移の推定も行った。本手法の利点は、従来の手法では扱えなかった多変量のバンドパスフィルタが行えることである。

全文ダウンロード

景気循環の周期と位相偏移の推定-単変量および多変量バンドパスフィルタによる接近-別ウィンドウで開きます。(PDF形式 930 KB)

項目別ダウンロード(全3ファイル)

  1. 本文別ウィンドウで開きます。(PDF形式 402 KB)
  2. 3ページ
    1 はじめに
  3. 5ページ
    2 一般化バターワースフィルタとバンドパスフィルタ
    1. 5ページ
      2.1 一般化バターワースフィルタとは何か?
      1. 7ページ
        (i) 確率トレンドモデル(2.3)について
      2. 7ページ
        (ii) 確率サイクルモデル(2.4)について
    2. 8ページ
      2.2 一般化バターワースフィルタの特性と利点
    3. 10ページ
      2.3 景気一致指数と鉱工業生産指数の推定
  4. 11ページ
    3 位相偏移(Phase Shifts)
    1. 11ページ
      3.1 位相偏移モデル
    2. 13ページ
      3.2 在庫循環への応用
      1. 13ページ
        3.2.1 在庫循環図と時系列データ
      2. 13ページ
        3.2.2 位相偏移モデルによる在庫循環の推定
  5. 15ページ
    4 モデルベース型多変量バンドパスフィルタ
    1. 15ページ
      4.1 多変量構造時系列モデル
    2. 16ページ
      4.2 先行・一致・遅行の個別系列と景気一致指数の2変数モデル
    3. 17ページ
      4.3 景気先行・一致・遅行の3指数の3変数モデル
    4. 18ページ
      4.4 景気動向指数(一致11系列)の11変数モデル
  6. 20ページ
    5 結論と課題
  7. 21ページ
    6 参考文献
  8. 23ページ
    表 1. 一般化バターワースフィルタによる景気一致指数の推定結果
  9. 23ページ
    表 2. 一般化バターワースフィルタによる鉱工業生産指数の推定結果
  10. 24ページ
    表 3. 在庫率指数の生産指数に対する位相偏移(Phase Shift)
  11. 24ページ
    表 4. 景気一致系列の一致CIに対する位相偏移(次数(2,2)のモデルの場合)
  12. 25ページ
    表 5. 景気先行系列の一致CIに対する位相偏移(次数(2,2)のモデルの場合)
  13. 25ページ
    表 6. 景気遅行系列の一致CIに対する位相偏移(次数(2,2)のモデルの場合)
  14. 26ページ
    表 7. 3変数モデルによる景気動向3指数の推定結果
  15. 26ページ
    表 8. 景気一致個別11系列モデルの推定結果,(次数(2,2)のケース)
  16. 27ページ
  17. 28ページ
    図 2. 一般化バターワースフィルタによる景気一致指数の推定結果
  18. 31ページ
    図 3. 一般化バターワースフィルタによる鉱工業生産指数の推定結果
  19. 34ページ
    図 4. 2変数の位相偏移と循環図の関係
  20. 35ページ
    図 5. 在庫循環図
  21. 37ページ
    図 6. 鉱工業生産指数と在庫率指数の推定
  22. 39ページ
  23. 41ページ
    図 8. 景気遅行指数と一致CIの2変数モデルの推定結果
  24. 47ページ
    図 9. 3変数モデルによる景気動向3指数の推定結果
  25. 49ページ
    図 10. 景気一致個別11系列モデルの推定結果,(次数(2,2)の場合)
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)