ESRI Discussion Paper Series No.270
弱まる日本の長期雇用制度

2011年8月
  • 川口 大司(一橋大学大学院経済学研究科、RIETI、TCER、IZA)
  • 上野 有子(外務省経済局、経済社会総合研究所特別研究員)

要旨

本論文では、我が国の勤続年数の長期的な減少傾向について、2つの代表的な政府統計である、世帯ベースの就業構造基本調査(ESS)と事業所ベースの賃金構造基本統計調査(BSWS)のマイクロデータを用いて検証した。1970年生まれの労働者は、1945年生まれの労働者と比べておよそ20%勤続年数が短いという結果がESSデータを用いた分析の結果得られた。長期雇用関係の弱まりは、企業規模間、産業間で一様に観察された。転職者については、自発的転職者もしくは賃金上昇を伴う転職者の比率は一定であった。

本文のダウンロード

弱まる日本の長期雇用制度別ウィンドウで開きます。(PDF形式 691 KB)

全文の構成

  1. Abstract
  2. 2ページ
    1. Introduction
  3. 4ページ
    2. Two Data Sets on Job Tenure
  4. 7ページ
    3 Average Years of Job Tenure by Birth Cohorts
    1. 7ページ
      3.1 Basic Results
    2. 9ページ
      3.2 Controlling for Years of Education
    3. 10ページ
      3.3 Proportion of Permanent-Regular / Nonpermanent-RegularWorkers
  5. 13ページ
    4. Filling the Gap between the ESS and the BSWS
    1. 13ページ
      4.1 Differences in Estimation Results and Data Coverage
      1. 13ページ
        i) Shift of the tenure distribution among recent cohorts
      2. 14ページ
        ii) Increase in the sample discrepancy among recent cohorts
    2. 15ページ
      4.2 Estimation Results Based on the ESS with Weights
  6. 16ページ
    5. Falling tide sinks all boats
  7. 18ページ
    6. Positive Job Hopping?
  8. 19ページ
    7. Concluding Remarks
  9. 21ページ
    Reference
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)