ESRI Discussion Paper Series No.280
我が国世帯のインフレ期待形成:消費動向調査個票による実証分析

2011年11月
  • 堀 雅博(一橋大学経済研究所教授 兼 内閣府経済社会総合研究所客員主任研究官)
  • 河越 正明(内閣府政策統括官(経済社会システム担当) 付参事官(企画担当) (前内閣府経済社会総合研究所特別研究員))

要旨

マクロ経済動向の決定において経済主体が形成する「期待」が重要であるという認識は、エコノミストの間に広く共有されている。しかしながら、主流のマクロ経済学者は、期待は「合理的」であると単純に仮定していることが多く、経済主体の実際の期待形成が本当に合理的か否かという本質的な問題を問うことはあまりない。こうした認識の下、本稿では、内閣府の「消費動向調査」から得られるインフレ期待に関する月次の個票データを活用し、わが国の個別世帯におけるインフレ期待の形成について、その特性を実証的に検討する。分析結果によれば、日本の個別世帯によるインフレ期待形成の実態は、合理的とは言えず、少なくとも事後的に見て上方バイアスがあり、また、専門家(プロ)による経済予測等、メディアを通じ容易に入手できるインフレ動向に関する情報を即時に自らの期待に反映するということも十分行っていない。世帯別のインフレ期待形成のパターン(合理的モデルからの逸脱)は、所謂「粘着情報モデル」(sticky information model)によって説明できる部分もあるものの、それでも説明しきれない点が多く残されている。

本文のダウンロード

我が国世帯のインフレ期待形成:消費動向調査個票による実証分析 別ウィンドウで開きます。(PDF形式 636 KB)

全文の構成

  1. Abstract
  2. 2ページ
    1. Introduction
  3. 4ページ
    2. Empirical Model Derivation
  4. 7ページ
    3. Data Sources
    1. 7ページ
      3.1 Monthly Consumer Confidence Survey (MCCS)
    2. 9ページ
      3.2 Monthly Survey of Japanese Economic Forecasts (ESPF)
    3. 9ページ
      3.3 Preliminary Overview of the Data
  5. 11ページ
    4. Empirical Analysis
    1. 11ページ
      4.1 Can the Professional Forecasts Serve as an Anchor?
    2. 13ページ
      4.2 Estimating the Empirical Model
    3. 15ページ
      4.3 Can Sticky Information Explain Disagreement About Inflation Expectations?
  6. 17ページ
    5. Conclusion
  7. 19ページ
    References
  8. 21ページ
    Appendix A. The Monthly Consumer Confidence Survey Covering All of Japan (MCCS)
    1. 21ページ
      A.1. General Information
    2. 21ページ
      A.2. The Questionnaire
    3. 22ページ
      A.3. Characteristics of Respondents
    4. 22ページ
      A.4. Change in the Survey Method
  9. 23ページ
    Appendix B. Monthly Survey of Japanese Economic Forecasts (ESP Forecast, or ESPF)
  10. 25ページ
    Table 1. Expected annual inflation (survey responses) and realized annual CPI inflation rate
  11. 26ページ
    Table 2. Performance of individual household expectations relative to the mean of professional forecasts
  12. 27ページ
    Table 3. Forecasting power of the mean of household expectations and the mean professional forecasts
  13. 28ページ
    Table 4. The impact of the mean of professional forecasts on individual household expectations
  14. 29ページ
    Table 5. Estimating and testing the mean inflation expectations model (8)
  15. 30ページ
    Table 6. Micro data based regressions of inflation expectation dynamics
  16. 32ページ
    Table 7. How well can the sticky information model explain disagreement in inflation expectations?
  17. 33ページ
    Table 8. Probit model of inflation expectation updates
  18. 34ページ
    Figure 1. Average inflation expectations and actual inflation by survey (from 2001 to 2009)
  19. 35ページ
    Figure 2. Distribution of the average no. of months between expectation updates
  20. 36ページ
    Table A.1. Basic statistics of the characteristics of the households surveyed
  21. 37ページ
    Table A.2. Questions in the ESPF
  22. 38ページ
    Table A.3. Timing of the surveys: ESPF (professional) vs. MCCS (households)
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)