ESRI Discussion Paper Series No.281
社会保障を通じた世代別の受益と負担

2012年1月
  • 鈴木 亘(学習院大学教授)
  • 増島 稔(内閣府経済社会総合研究所特別研究員)
  • 白石 浩介(三菱総合研究所主席研究員)
  • 森重 彰浩(三菱総合研究所研究員)

要旨

年金、医療、介護の3分野に関する社会保障モデルを構築した上で、社会保障の長期推計を行い、さらに生年別の受益と負担の構造を検討した。

本研究で構築したモデルは、鈴木(2006)を発展させたものであるが、年金モデルでは、厚生労働省が平成21年財政検証に際して公開した計算手法とデータおよび将来の経済前提を取り込み、医療モデル、介護モデルでは現行制度と最新データを反映させた。各モデルとも政府による推計結果(年金は2105年まで、医療、介護は2025年まで)をほぼ再現している。医療、介護では長期推計を試みており、医療給付費及び介護給付費の対名目GDP比率は、2010年から2100年にかけて、いずれも2倍近くの規模に拡大する。

現役期に保険料を負担し引退後にサービスを受益するという構造は、年金、医療、介護の3制度に共通しているが、受益と負担の関係は世代ごとに異なる。社会保障からの純受益が生涯収入に占める割合として定義される生涯純受給率を生年別にみると、1950年生れ1.0%、1960年生れ5.3%、1970年生れ7.8%、1980年生れ9.8%、1990年生れ11.5%、2000年生れ12.4%、2010年生れ13.0%と生年が下るにつれて支払い超過の傾向にある。このように、社会保障を通じた世代間不均衡は無視できない大きさとなっている。

本文のダウンロード

社会保障を通じた世代別の受益と負担 別ウィンドウで開きます。(PDF形式 836 KB)

全文の構成

  1. 要旨
  2. 3ページ
    1. はじめに
  3. 3ページ
    2. モデルの概要
    1. 3ページ
      2.1 年金モデル
      1. 3ページ
        (1) 年金モデルの全体構造
      2. 4ページ
        (2) 被保険者数の推計
      3. 4ページ
        (3) 基礎率・基礎数の設定
      4. 5ページ
        (4) 支払保険料、年金給付費の推計
      5. 7ページ
        (5) 年金財政の収支計算
    2. 8ページ
      2.2 医療モデル
      1. 8ページ
        (1) 医療モデルの全体構造
      2. 9ページ
        (2) 医療モデルが使用するデータ
      3. 9ページ
        (3) 被保険者数・被扶養者数の推計
      4. 10ページ
        (4) 医療給付費の推計
      5. 10ページ
        (5) 医療保険料収入の推計
      6. 10ページ
        (6) 医療保険制度別の収支推計
      7. 10ページ
        (7) 世代別の受益と負担の推計
    3. 11ページ
      2.3 介護モデル
      1. 11ページ
        (1) 介護モデルの全体構造
      2. 11ページ
        (2) 介護モデルが使用するデータ
      3. 12ページ
        (3) 施設入所者数の推計
      4. 12ページ
        (4) 在宅受給者数の推計
      5. 12ページ
        (5) 1人当たり介護給付費の推計
      6. 12ページ
        (6) 財政収支および保険料の推計
      7. 12ページ
        (7) 世代別の受益と負担の推計
    4. 13ページ
      2.4 年金・医療・介護の長期推計結果
  4. 14ページ
    3. 現在の受益と負担の年齢別分布
    1. 14ページ
      3.1 年金
    2. 14ページ
      3.2 医療
    3. 15ページ
      3.3 介護
  5. 16ページ
    4. 受益と負担の世代間格差
    1. 16ページ
      4.1 年金
      1. 16ページ
        (1) 過去の保険料支払額の推計
      2. 16ページ
        (2) 公的年金全体でみた世代間格差
      3. 17ページ
        (3) 男女別の純受益
      4. 17ページ
        (4) 年金制度別の純受益
      5. 17ページ
        (5) 生涯保険料率と生涯受給率
    2. 18ページ
      4.2 医療
      1. 18ページ
        (1) 生年別の受益と負担
      2. 19ページ
        (2) 生涯負担率と生涯受給率
      3. 19ページ
        (3) 自己負担割合の引上げと国民健康保険への国庫負担増加の影響
    3. 21ページ
      4.3 介護
      1. 21ページ
        (1) 生年別の受益と負担
      2. 21ページ
        (2) 生涯負担率と生涯受給率
      3. 22ページ
        (3) 介護保険料の負担年齢引下げの影響
  6. 23ページ
    5. まとめ
  7. 24ページ
    【参考文献】
  8. 25ページ
    図2.1 年金モデルの全体構造
  9. 25ページ
    表2.2 経済前提
  10. 26ページ
    図2.3 医療モデルの全体構造
  11. 27ページ
    図2.4 介護モデルの全体構造
  12. 28ページ
    表2.5 年金財政見通し
  13. 29ページ
    表2.6 医療および介護の給付費見通し
  14. 30ページ
    図3.1 公的年金における受益と負担の年齢別分布(2007 年時点)
  15. 31ページ
    図3.2 医療における受益と負担の年齢別分布(2008 年時点)
  16. 32ページ
    図3.3 介護保険における受益と負担の年齢別分布(2010 年時点)
  17. 32ページ
    図4.1 生年別の1 人当たり受益と負担(公的年金計、男女計)
  18. 33ページ
    図4.2 生年別・男女別の1 人当たり純受益(公的年金計)
  19. 33ページ
    図4.3 1人当たり純受益(年金制度別の寄与度(男女計))
  20. 34ページ
    図4.4 年金の生涯純受給率(厚生年金、男女計)
  21. 35ページ
    図4.5 医療にかかる生年別1 人当たりの受益と負担
  22. 36ページ
    図4.6 医療における生涯純受給率
  23. 37ページ
    図4.7 医療における自己負担割合引上げと国民健康保険への国庫負担増加の影響
  24. 39ページ
    図4.8 介護における生年別1 人当たりの受益と負担
  25. 40ページ
    図4.9 介護における生涯純受給率
  26. 41ページ
    図4.10 介護保険料の負担年齢引下げの影響(生涯負担率)
  27. 42ページ
    図5.1 年金・医療・介護全体における生涯純受給率
  28. 43ページ
    参考図表 年金(生年別・年齢階級別にみた受益と負担)
  29. 48ページ
    参考図表 医療(生年別・年齢階級別にみた受益と負担)
  30. 51ページ
    参考図表 介護(生年別・年齢階級別にみた受益と負担)
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)