ESRI Discussion Paper Series No.285
開放経済DSGEモデルにおける非浪費的政府支出:財政政策パズル再論

2012年4月
  • 岩田 安晴(内閣府経済社会総合研究所特別研究員)

要旨

本稿は、日本経済を対象に、政府支出が消費と実質為替レートに与える効果について検証を行うことを目的としている。米国等の海外データに基づく標準的な時系列分析では、政府支出の増加は消費の増加と実質為替レートの減価をもたらすことが示されているが、理論モデルでは、逆に消費の減少と実質為替レートの増価が示唆される(財政政策パズル)。この謎を明らかにするため、まず、いち符号制約 VARを用いて、日本においても、政府消費と政府投資のそれぞれについて、支出の増加後に消費の増加と実質為替レートの減価が観察されることを確認した。その上で、に(a) 民間消費と政府消費の分離不可能性、(b) 社会資本の生産力効果、を考慮した開放経済ニューケインジアンDSGEモデルの推計を行い、同モデルが政府支出増加後の消費の増加と実質為替レートの減価を説明できることを明らかにした。さらに、エッジワース補完性、自国バイアス、国際資本市場の不完全性、の組み合わせによって、政府消費の増加に対する直後の消費の増加とラグを伴った実質為替レートの減価が再現されることがわかった。この結果は、理論モデルが国際的に観察される相対的な消費と実質為替レートの間の負の相関を説明できない、という問題に対して潜在的に重要な含意を与える。

本文のダウンロード

開放経済DSGEモデルにおける非浪費的政府支出:財政政策パズル再論別ウィンドウで開きます。(PDF形式 977 KB)

全文の構成

  1. Abstract
  2. 2ページ
    1 Introduction
  3. 6ページ
    2 Time-Series Evidence
    1. 6ページ
      2.1 The Structural VAR and Identification Methodology
    2. 8ページ
      2.2 VAR Evidence on Government Spending Shocks with Sign Restrictions
  4. 9ページ
    3 The Model
    1. 10ページ
      3.1 Firms
      1. 10ページ
        3.1.1 Domestic-good producing firms
      2. 13ページ
        3.1.2 Importing firms and import-good wholesalers
      3. 15ページ
        3.1.3 Exporting firms and export-good wholesalers
      4. 16ページ
        3.1.4 Domestic and foreign retailers
      5. 17ページ
        3.1.5 Relative prices
    2. 18ページ
      3.2 Households
      1. 18ページ
        3.2.1 Preferences and constraints
      2. 20ページ
        3.2.2 Choice of allocations
      3. 20ページ
        3.2.3 Wage setting
    3. 21ページ
      3.3 Fiscal and Monetary Authorities
      1. 21ページ
        3.3.1 Fiscal policy
      2. 22ページ
        3.3.2 Monetary policy
    4. 23ページ
      3.4 Market Clearing Conditions
      1. 23ページ
        3.4.1 The aggregate resource constraint
      2. 23ページ
        3.4.2 Evolution of net foreign assets
    5. 24ページ
      3.5 Foreign Economy
  5. 24ページ
    4 Bayesian Estimation of the Model
    1. 24ページ
      4.1 Data and Measurement Equations
    2. 25ページ
      4.2 Preliminary Settings
    3. 26ページ
      4.3 Estimation Results
  6. 28ページ
    5 Non-Wasteful Government Spending in Open Economies
    1. 28ページ
      5.1 Impulse Responses to Government Spending Shocks
      1. 28ページ
        5.1.1 Government consumption shocks
      2. 29ページ
        5.1.2 Government investment shocks
    2. 30ページ
      5.2 The Transmission Mechanism
      1. 30ページ
        5.2.1 International risk-sharing condition
      2. 31ページ
        5.2.2 Home bias, incomplete asset markets, and the consumption-real exchange rate anomaly
  7. 33ページ
    6 Conclusion
  8. 35ページ
    References
  9. 42ページ
    Table 1. Set of imposed sign restrictions
  10. 43ページ
    Table 2.a. Prior and posterior distributions - Benchmark model (M1)
  11. 44ページ
    Table 2.b. Prior and posterior distributions - Benchmark model (M1)
  12. 45ページ
    Table 2.c. Prior and posterior distributions - Benchmark model (M1)
  13. 46ページ
    Table 3.a. Posterior mean estimates under different types of parameter restrictions
  14. 47ページ
    Table 3.b. Posterior mean estimates under different types of parameter restrictions
  15. 48ページ
    Table 4. Log marginal data densities and posterior odds
  16. 49ページ
    Table 5. Impact multipliers
  17. 50ページ
    Figure 1.a. Impulse responses to an expansionary government consumption shock one standard deviation in size
  18. 51ページ
    Figure 1.b. Impulse responses to an expansionary government consumption shock one standard deviation in size
  19. 52ページ
    Figure 2.a. Impulse responses to an expansionary government investment shock one standard deviation in size
  20. 53ページ
    Figure 2.b. Impulse responses to an expansionary government investment shock one standard deviation in size
  21. 54ページ
    Figure 3.a. Model responses to a government consumption shock equal to one percent of the steady-state output
  22. 55ページ
    Figure 3.b. Model responses to a government consumption shock equal to one percent of the steady-state output
  23. 56ページ
    Figure 4.a. Model responses to a government investment shock equal to one percent of thesteady-state output
  24. 57ページ
    Figure 4.b. Model responses to a government investment shock equal to one percent of thesteady-state output
  25. 58ページ
    Figure 5. Sensitivity for home bias
  26. 58ページ
    Figure 6. Sensitivity for incomplete asset market assumption
  27. 58ページ
    Figure 7. Model responses to government consumption (left panel) and government investment(right panel) shocks equal to one percent of the steady-state output
  28. 59ページ
    Appendix
  29. 59ページ
    A Log-linearized Model
    1. 59ページ
      A.1 Firms
      1. 59ページ
        A.1.1 Domestic-good producing firms
      2. 59ページ
        A.1.2 Importing firms and import-good wholesalers
      3. 60ページ
        A.1.3 Exporting firms and export-good wholesalers
      4. 40ページ
        A.1.4 Domestic and foreign retailers
      5. 61ページ
        A.1.5 Relative Prices
    2. 61ページ
      A.2 Households
      1. 61ページ
        A.2.1 Consumption Euler Equation
      2. 62ページ
        A.2.2 Investment Euler Equation
      3. 62ページ
        A.2.3 Q Equation
      4. 62ページ
        A.2.4 Capital Utilization Decision Equation
      5. 62ページ
        A.2.5 Capital Law of Motion
      6. 62ページ
        A.2.6 Real Wage Law of Motion
      7. 63ページ
        A.2.7 Risk-adjusted UIP Condition
      8. 63ページ
        A.2.8 Evolution of Net Foreign Assets
    3. 63ページ
      A.3 Fiscal and Monetary Authorities
      1. 63ページ
        A.3.1 Fiscal Policy Rules
      2. 64ページ
        A.3.2 Monetary Policy Rule
    4. 64ページ
      A.4 Aggregation and Market Clearinga
      1. 64ページ
        A.4.1 Aggregate Production Equation
      2. 64ページ
        A.4.2 Goods Market Equilibrium Condition
    5. 65ページ
      A.5 Measurement Equations
  30. 66ページ
    B Computation of the Steady State
  31. 69ページ
    C Supplementary Figures
    1. 69ページ
      Figure C.1. Prior-posterior plots for the benchmark model (M1)
    2. 70ページ
      Figure C.2. Prior-posterior plots for the benchmark model (M1)
    3. 71ページ
      Figure C.3. Prior-posterior plots for the benchmark model (M1)
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)