ESRI Discussion Paper Series No.304
高校の質が学力、賃金に与える影響:日本の双生児データに基づく実証分析

2013年10月
  • 中室 牧子慶應義塾大学 総合政策学部 准教授
  • 小塩 隆士一橋大学 経済研究所 教授
  • 乾 友彦日本大学 経済学部 教授

要旨

学校の質とは一般的に、教員や教材、設備などの教育に投入される資源のことを指す。質が高い学校へ行くことが、生徒の学力を高めることにつながるのだろうか。この問いに答えることは容易ではない。なぜなら、教育熱心で優秀な子どもを持つ親が、子どものために質の高い学校を選択しているかもしれず、学校の質と学力の間には、我々が想定する因果関係とは逆の関係がある可能性にも配慮しなければならないからだ。

本研究は、高校の質が子どもの学力、賃金に与える因果的な効果を計測することを目的としている。具体的には、筆者らが独自に収集した日本在住の20歳から60歳の双生児の大規模データと、文部科学省が収集した「学校基本調査」の学校別データ、大手予備校が公表している偏差値データを合体し、双生児間で共通している家庭環境や遺伝など観察不可能な要因をコントロールした上で、高校の様々な属性(学校規模、生徒・教師比率、就職率など)が大学入学時点の学力や大学卒業後の賃金に影響を与えているかを検証した。その結果、一卵性双生児のみのデータを用いて、もっとも正確に学校の質の効果を推計した結果から、高校の質は学力に影響を与えないものの、大学卒業後の賃金には影響を与えることが明らかになった。

本文のダウンロード

高校の質が学力、賃金に与える影響:日本の双生児データに基づく実証分析別ウィンドウで開きます。(PDF形式 230 KB)

全文の構成

  1. 2ページ
    Introduction
  2. 10ページ
    Empirical Models
  3. 12ページ
    Data
  4. 17ページ
    Empirical Results
    1. 17ページ
      Main results
    2. 22ページ
      Effects on Labor Market Outcomes
  5. 23ページ
    Conclusion
  6. 26ページ
    Table 1: Household Educational Expenditures on Schools and Shadow Education
  7. 27ページ
    Table 2: Descriptive Statistics
  8. 28ページ
    Table 3-1: Empirical Results (OLS, Entire Sample)
  9. 29ページ
    Table 3-2: Empirical Results (Twin-Fixed Effects, Entire Sample)
  10. 30ページ
    Table 3-3: Empirical Results (OLS, MZ Twins)
  11. 31ページ
    Table 3-4: Empirical Results (Twin-Fixed Effects, MZ Twins)
  12. 32ページ
    Table 3-5: Empirical Results (OLS, DZ Twins)
  13. 33ページ
    Table 3-6: Empirical Results (Twin-Fixed Effects, DZ Twins)
  14. 34ページ
    Table 3-7: Empirical Results (Twin-Fixed Effects)
  15. 35ページ
    Reference
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)