ESRI Discussion Paper No.309
『ESPフォーキャスト調査』のインフレ率に関する分布予測の個票データを用いた「ケインズの美人投票」の定量化

2014年5月
  • 竹田 陽介上智大学経済学部教授

日本語要旨

本研究は、ケインズが『一般理論』(1936)で「美人投票」に譬えた高次の期待について、デフレ期における『ESPフォーキャスト調査』のインフレ率に関する分布予測の個票データに相対エントロピー指標を適用することにより、定量化する。同じくインフレ率の点推定の絶対予測誤差との相関係数を推定し、日本においてデフレが深刻化した2009年6月から2010年4月まで、2010年4月から2011年2月までの期間においては、日本の予測専門家の間にケインズの美人投票のメカニズムが拡がっていたことが示された。

本文のダウンロード

『ESPフォーキャスト調査』のインフレ率に関する分布予測の個票データを用いた「ケインズの美人投票」の定量化別ウィンドウで開きます。(PDF形式 640 KB)

全文の構成

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 1ページ
    Introduction
  3. 2ページ
    1 The Keynes' Beauty Contest
  4. 3ページ
    2 Quantifying the Beauty Contest
  5. 3ページ
    3 Survey Data of the Professional Forecasters
    1. 3ページ
      3.1 The ESP Forecast Survey
    2. 4ページ
      3.2 Dissimilarity
    3. 5ページ
      3.3 Similarity
  6. 5ページ
    4 Estimation
    1. 5ページ
      4.1 Relative Entropy Measure
    2. 6ページ
      4.2 Accuracy in Forecasting
    3. 6ページ
      4.3 Correlation
  7. 7ページ
    5 Conclusion
  8. 7ページ
    References
  9. 9ページ
    Figure 1 Consumer Price Index: 1995-2012
  10. 10ページ
    Figure 2 Consumer Price Index: Jun. 2008-Dec. 2012
  11. 11ページ
    Table 1-A
  12. 12ページ
    Table 1-B
  13. 13ページ
    Table 2-A
  14. 14ページ
    Table 2-B
  15. 15ページ
    Table 3-A
  16. 16ページ
    Table 3-B
  17. 17ページ
    Table 4-A
  18. 18ページ
    Table 4-B
  19. 19ページ
    Table 5-A
  20. 20ページ
    Table 5-B
  21. 21ページ
    Table 6-A
  22. 22ページ
    Table 6-B
  23. 23ページ
    Table 7-A
  24. 24ページ
    Table 7-B
  25. 25ページ
    Table 8-A
  26. 26ページ
    Table 8-B
  27. 27ページ
    Table 9-A
  28. 28ページ
    Table 9-B
  29. 29ページ
    Table 10
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)