ESRI Discussion Paper No.312
ゼロ金利制約下のレジームスイッチ型金融政策の考察
-確率的合理的期待均衡のマルコフスイッチ型DSGEモデルへの応用

2014年11月
  • 飯星 博邦首都大東京大学院社会科学研究科教授

日本語要旨

本研究では、Davig and Leeper (2007)が開発したレジームスイッチ型テイラールールを導入したニューケインジアンモデルに、さらにゼロ金利制約を付加した。この拡張を行うため、Billi(2013)が提案した確率的合理的期待均衡の概念と計算手法を採用した。カリブレーション結果から、ゼロ金利制約がなければ、各マクロ変数の政策反応関数が線形になるので、確率的合理的期待と完全予見のどちらのケースも同じ経済変動が見られた。これと対照的に、経済主体が確率的合理的期待をとるならば、ゼロ金利制約下では負の需要ショックが名目金利をゼロ金利まで押し下げた場合、金融政策のレジームの如何にかかわらず、不確実性(需要ショックのボラティリティ)の増大が経済活動の一層の下落をもたらすことをシミュレーションにより示した。さらに、カリブレーションから、デフレ期ではゼロ金利制約をもたないモデルでの長期均衡の推定値は過小推定している恐れがあることが示唆される。というのは、ゼロ金利制約下では長期均衡の推定値として利用されるGDPやインフレの平均値は長期均衡値より小さい値をとることが判明したためである。

本文のダウンロード

ゼロ金利制約下のレジームスイッチ型金融政策の考察-確率的合理的期待均衡のマルコフスイッチ型DSGEモデルへの応用別ウィンドウで開きます。(PDF形式 720 KB)

全文の構成

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 2ページ
    1 Introduction
  3. 4ページ
    2 Motivation
    1. 6ページ
      Figure 1: Perfect foresight vs. Stochastic Rational Expectationsy
    2. 7ページ
      Figure 2: Expected values of Markov-swiching DSGE model under stochastic rational expectations
  4. 8ページ
    3 Model
    1. 8ページ
      3.1 Set-up
    2. 10ページ
      3.2 Stochastic Rational Expectation Equilibrium (SREE)
    3. 15ページ
      3.3 Application of an SREE to an MS-DSGE Model
  5. 17ページ
    4 Calibration
    1. 17ページ
      4.1 Method
    2. 18ページ
      4.2 Calibration Parameters
    3. 19ページ
      Table 1: Parameter Values
  6. 20ページ
    5 Policy Evaluation
    1. 20ページ
      5.1 Analyses of Policy Functions
    2. 20ページ
      5.2 Comparison of the Impulse Response Functions
      1. 21ページ
        Figure 3: Policy functions; non-ZLB vs. ZLB
      2. 22ページ
        Figure 4: Policy functions; Stochastic Expectations vs. Perfect Foresight
      3. 23ページ
        Figure 5: Policy functions; Active Policy Regime vs. Passive Policy Regime
    3. 24ページ
      5.3 Monte Carlo Study of the Model
      1. 24ページ
        Active Regime vs. Passive Regime
        1. 25ページ
          Figure 6: Impulse response of Aggregate Demand Shock conditional on each
        2. 26ページ
          Figure 7: Impulse response of Aggregate Demand Shock under each expectations
        3. 28ページ
          Table 2: Monte Carlo Simulations conditional on Specified Regimes
        4. 29ページ
          Figure 8: Intuitive Interpretation of Calibration Results; Active Policy vs. Passive Policy
        5. 30ページ
          Figure 9: Calibrations; Active Policy vs. Passive Policy
      2. 31ページ
        Regime-Switching Policy vs. Fixed Policy
      3. 31ページ
        The Impact of Mitigating the Uncertainty of Demand Shocks to an Economy
        1. 32ページ
          Table 3: Monte Carlo Simulations under Regime Switching and Fixed Policies
        2. 33ページ
          Figure 10: Calibrations; Regime Switcthing Policy vs. Fixed Policy
        3. 34ページ
          Figure 11: 20% Reduction of St.D of Aggregate Demand Shock
        4. 35ページ
          Table 4: 20% Reduction of Std Dev of Aggregate Demand Shock under Regime Switching and Fixed Policies
  7. 36ページ
    6 Conclusion
  8. 37ページ
    References
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)