ESRI Discussion Paper No.318
学校外教育活動と問題行動・学校適応の関連―21世紀出生児縦断調査による検証―

2015年3月
松岡亮二
早稲田大学高等研究所 助教
中室牧子
慶應義塾大学総合政策学部 准教授
友彦
学習院大学国際社会学部開設準備室 教授

要旨

厚生労働省による「21世紀出生児縦断調査」の個票データ(小学校1~4年)を用い,家庭の社会経済的地位による小学校児童の学校外教育活動の参加差異,それに学校外教育活動が2つの側面の非認知発達――問題行動・学校適応――と関連しているのか検討した。

分析の結果,父母学歴と世帯年収によって3種類(学習,文化,スポーツ)の学校外教育活動参加有無に差があった。また,これらの学校外教育活動の参加は問題行動・学校適応と関連していた。高学歴・高収入の父母の子どもはより学校外教育活動に参加し,スポーツ活動は問題行動の減少,3種類の活動全ては学校への適応化と関連していた。これらの知見は,社会階層を基盤とする学校外教育活動参加格差が非認知的発達の差異に繋がることを示している。

本文のダウンロード

学校外教育活動と問題行動・学校適応の関連―21世紀出生児縦断調査による検証―別ウィンドウで開きます。(PDF形式 364 KB)

全文の構成

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 3ページ
    1. Introduction
  3. 4ページ
    2. Relevant Literature
    1. 4ページ
      2.1. Social Class and EA Participation in Elementary Education
    2. 7ページ
      2.2.Extracurricular Activity Participation and Elementary-Age Children’s Development
  4. 9ページ
    3. Rationale for This Study
  5. 11ページ
    4. Research Questions and Hypotheses
  6. 13ページ
    5. Method
    1. 13ページ
      5.1. Data
    2. 14ページ
      5.2. Dependent Variables
      1. 14ページ
        Behavior Problems Index (BPI)
      2. 15ページ
        Positive Orientation to School (POS)
    3. 16ページ
      5.3. Independent Variables
      1. 16ページ
        EA Participation in Academics
      2. 17ページ
        EA Participation in High Culture
      3. 17ページ
        EA Participation in Sports
    4. 18ページ
      5.4. Control Variables
      1. 18ページ
        Parental Education
      2. 18ページ
        Annual Household Income
      3. 19ページ
        Sex
      4. 19ページ
        Born in January
      5. 19ページ
        Housewife
      6. 19ページ
        Father’s Absence
      7. 20ページ
        Number of Siblings
      8. 20ページ
        Time
    5. 20ページ
      5.5. Method
    6. 22ページ
      5.6. Model
      1. 23ページ
        Level 1 Model (within-individual changes)
      2. 23ページ
        Level 2 Model (between individuals)
  7. 24ページ
    6. Results
    1. 24ページ
      6.1. EA Participation in Academics, High Culture, and Sports
    2. 25ページ
      6.2. Behavior Problems Index
    3. 27ページ
      6.3. Positive Orientation to School
  8. 28ページ
    7. Discussion
  9. 34ページ
    8. Research Implications
  10. 35ページ
    9. Conclusion
  11. 37ページ
    Notes
  12. 40ページ
    References
    1. 46ページ
      Table 1. Descriptive Statistics of Variables
    2. 47ページ
      Table 2. Distributions of EA Participation (N = 33,799)
    3. 48ページ
      Table 3. Participation Rate by Category
    4. 49ページ
      Table 4. Means by Parental Education (N = 33,799)
    5. 50ページ
      Table 5. Means of Participation Rate by Parental Education (N = 33,799)
    6. 51ページ
      Table 6. EA Participation Predicting Problem Behaviors and Orientation to School
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)