ESRI Discussion Paper No.321
我が国世帯における世帯内資源配分の実証分析

2015年5月
雅博
内閣府経済社会総合研究所上席主任研究官
光山奈保子
東京大学大学院経済学研究科プロジェクト研究員
清水谷
公益財団法人世界平和研究所客員主任研究員

要旨

本研究では、我が国世帯の家族関係及び資源配分の男女差の有無について知見を導くべく、世帯支出の構成に反映された世帯内資源配分の実証分析を行った。分析では、世帯の構成及び品目別の家計支出額について詳細な情報が得られる「家計調査」の個票データに、子供の有無、またその男子女子の別、が同じ世帯内の大人の支出に与える影響を、(子供の存在がもたらす)負の所得効果の推計を通じて検証するエンゲル曲線アプローチを適用した。分析結果から、子供の存在によって同世帯内の大人財への支出は有意に減少すること、またそうして計測される(大人財に対する)負の所得効果については男子女子で差は見られないことが分かった。一方、子供の存在に対する大人財の反応は、個別の財では異なる場合があり、特に大人の衣料品(紳士服や婦人服)については、学齢期以上の女子がいる世帯では紳士服が、また逆に学齢期の男子がいる世帯では婦人服が、それぞれ減少するというパターンが確認できた。さらに子供向け消費では、女子の方が衣料品支出が大きいこと、高校以上の教育費では近年男女差の逆転が生じ、女子の支出の方が大きくなっていることが見出された。

  • Keywords: 家族関係、世帯内分配、男女差
  • JEL Classification: J16; D12; D13

本文のダウンロード

我が国世帯における世帯内資源配分の実証分析別ウィンドウで開きます。(PDF形式 277 KB)

全文の構成

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 2ページ
    1. Introduction
  3. 5ページ
    2. Data description
  4. 8ページ
    3. Engel curve approach
  5. 11ページ
    4. Empirical results and discussions
    1. 11ページ
      4.1 Results for adult goods
    2. 15ページ
      4.2 Results for child goods
  6. 17ページ
    5. Discussion
  7. 20ページ
    6. Conclusion
  8. 22ページ
    REFERENCES
  9. 26ページ
    Table 1. Sample Statistics
  10. 27ページ
    Table 2. Estimated π-ratios for (possible) Adult Goods
  11. 28ページ
    Table 3. Differences in π-ratios by Gender ( π(Male)-π(Female) ) for Adult Goods
  12. 29ページ
    Table 4. Outlay Equivlence Ratios (π-ratios) for Child Goods
  13. 30ページ
    Table 5. Differences in π-ratios by Gender ( π(Male)-π(Female) ) for Child Goods
  14. 31ページ
    Appendix A: Definition of Adult and Child Goods
  15. 32ページ
    Appendix B. Sample Statistics for Households Surveyed from July to December.
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)