ESRI Discussion Paper No.322
我が国世帯の生涯資産と貯蓄率:2つの個票データを用いた実証分析

2015年6月
雅博
内閣府経済社会総合研究所上席主任研究官
岩本光一郎
内閣府経済社会総合研究所客員研究員
新関剛史
内閣府経済社会総合研究所客員研究員
大阪大学大学院国際公共政策研究科助教
史彦
内閣府経済社会総合研究所研究官

要旨

本稿では、我が国世帯の経済行動に関する2つの調査(『家計調査』及び『家族と暮らしに関するアンケート』)から得られた個票データを活用して、経済的に恵まれた世帯(生涯利用可能資産が大きい世帯)の貯蓄率が、恵まれない世帯のそれに比べて高いか否かの検証を行った。実証上難しいのは、世帯の生涯利用可能資産額を代理する信頼できる(万人が合意できる)指標が見出し難い点である。そこで本稿では、2つの調査から得られる複数の指標を代理変数として、世帯の「豊かさ」と貯蓄率の関係を見てみることにした。その結果、得られる(豊かさと貯蓄率の)関係は生涯利用可能資産額の代理変数の選択に依存する面はあるものの、米国等で報告されている先行研究と概ね同様のパターン、すなわち、学歴や職種等を代理変数とした場合、経済的に恵まれていると考えられる世帯程貯蓄率が高いという正の相関が見られる一方、(恒常所得仮説に基づいて)支出関連指標を代理変数とした場合には正の相関が消失すること、が確認できた。更に、本稿独自の代理指標として、ラグ付の消費、世帯資産、世帯の購入価格情報に基づく指標等も試みた結果、それらの指標では、勤労(現役)世帯について、緩やかな正の相関が見られるものの、豊かさと貯蓄率の関係は世帯の(恒常所得仮説から予想される通り)ライフステージに依存しており、多額の資産を保有する高齢世帯では、その資産の一部を取り崩すという行動も見られることが分かった。

  • Keywords: 世帯貯蓄率、生涯所得、恒常所得、日本
  • JEL classifications: D12, D91

本文のダウンロード

我が国世帯の生涯資産と貯蓄率:2つの個票データを用いた実証分析別ウィンドウで開きます。(PDF形式 477 KB)

全文の構成

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 2ページ
    1. Introduction
  3. 5ページ
    2. Data Sources
    1. 5ページ
      Family and Lifestyle Survey (FLS)
    2. 7ページ
      Family Income and Expenditure Survey (FIES)
  4. 8ページ
    3. Empirical Methodology
  5. 12ページ
    4. Results
    1. 12ページ
      4.1 Saving Rates and Current Income
    2. 13ページ
      4.2 Saving Rates and Permanent Income
    3. 14ページ
      4.3 Results Based on a Variety of Instruments
      1. 14ページ
        Instrument 1: Lagged income
      2. 15ページ
        Instrument 2: Education and the longest-held job
      3. 16ページ
        Instrument 3: (Nondurable) Consumption
      4. 16ページ
        Instrument 4: Lagged consumption
      5. 17ページ
        Instrument 5: Purchase prices
      6. 17ページ
        Instrument 6: Assets
  6. 18ページ
    5. Conclusion
  7. 20ページ
    References
  8. 22ページ
    Table 1. Regression of the subjective lifetime earnings on possible determinants
  9. 22ページ
    Table 2. Regression of the change in lifetime earnings on the change in annual income
  10. 23ページ
    Table 3. Summary Statistics: Saving, Income, Assets, etc.
  11. 24ページ
    Table 4 Median Regressions of Saving Rate on Current Income Quintiles
  12. 24ページ
    Table 5 Median Regressions of Saving Rate on Permanent Income Quintiles
  13. 25ページ
    Table 6(a) Median Instrumental Varlable Regressions of Saving Rate on Lifetime Wealth Quintiles
  14. 25ページ
    Table 6(b) Median Instrumental Varlable Regressions of Saving Rate on Lifetime Wealth Quintiles
  15. 26ページ
    Table 6(c) Median Instrumental Varlable Regressions of Saving Rate on Lifetime Wealth Quintiles
  16. 26ページ
    Table 6(d) Median Instrumental Varlable Regressions of Saving Rate on Lifetime Wealth Quintiles
  17. 27ページ
    Table 6(e) Median Instrumental Varlable Regressions of Saving Rate on Lifetime Wealth Quintiles
  18. 28ページ
    Appendix A. Construction of the purchase price measure
    1. 29ページ
      Figure A.1 Distribution of the Purchase Price Measure
    2. 29ページ
      List of 175 goods/services used to calculate the purchase price measure.
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)