ESRI Discussion Paper No.324
サプライチェーンと金融制約を織り込んだ震災モデルの構築及び分析

2015年12月
佐藤主光
一橋大学教授
小黒一正
法政大学教授

要旨

本研究の主な目的は、震災と経済成長・財政の相互作用に関する分析を行うため、サプライチェーンといった複雑化する経済構造を織り込んだマクロ経済の基本モデルを構築することにある。具体的には1)中間財と最終財を区別することで多層的な生産工程(サプライチェーン)をモデル化するとともに、2)企業への貸し出しにおける金融(信用)制約を反映させる。後者については貸出額を中間財企業の内部留保(利益)の一定割合とするFinancial acceleratorモデルの簡単化による。1)震災後のサプライチェーンの途絶(モデル上は中間財生産性の低下)による短期的な効果、2)金融機関の貸し出し能力の低下による短期・中期的効果、及び3)公的債務の累積に伴う金利上昇による中長期的効果が示される。

  • Keywords:公的債務, 震災, 経済成長, 財政, サプライチェーン, 金融制約
  • JEL Classification:D40, G21, L10, H60, R30, Q54

全文ダウンロード

サプライチェーンと金融制約を織り込んだ震災モデルの構築及び分析別ウィンドウで開きます。(PDF形式 1.12 MB)

全文の構成

  1. 1ページ
    要旨
  2. 2ページ
    1. はじめに
  3. 4ページ
    2. モデルの概要
    1. 4ページ
      タイミング
      1. 4ページ
        図表1:時間軸(タイミング)
    2. 4ページ
      サプライチェーン(中間財生産)
      1. 5ページ
        図表2:生産構造(プロセス)
    3. 5ページ
      地域財生産
    4. 6ページ
      最終財生産
    5. 6ページ
      金融(信用)制約
      1. 7ページ
        図表3: 回帰式
    6. 8ページ
      その他のモデルの設定
    7. 8ページ
      資本成長率
    8. 9ページ
      資本財生産
    9. 9ページ
      代表的家計
    10. 10ページ
      国債の推移
  4. 11ページ
    3. 試算で用いる数式とパラメータ
    1. 11ページ
      主要な方程式
    2. 12ページ
      定常状態
    3. 13ページ
      震災ショック
      1. 14ページ
        図表4: 震災ショック
    4. 14ページ
      パラメータの設定
      1. 16ページ
        図表5: 8 地域パラメータ
      2. 16ページ
        図表6: 地域別・部門別の名目付加価値シェア
      3. 17ページ
        図表7:外生変数
  5. 17ページ
    4. 震災の影響試算
    1. 17ページ
      ベースライン・シナリオ
      1. 18ページ
        図表8: 震災ショックの波及効果
      2. 19ページ
        図表9:多部門(サプライチェーン)モデルと一部門モデルとの比較
    2. 19ページ
      復興政策の影響
      1. 20ページ
        図表10:復興政策
    3. 20ページ
      頑健性
      1. 21ページ
        図表11:頑健性
  6. 21ページ
    5. まとめ
  7. 23ページ
    参考文献
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)