ESRI Discussion Paper No.329
「財政支出が失業に与えるインパクト-中規模DSGEモデルによる実証分析」

2016年3月
松前龍宜
内閣府経済社会総合研究所主任研究官
蓮見
公益社団法人日本経済研究センター
研究本部予測分析部研究員

要旨

財政支出は失業率を改善するか。そうであれば財政支出増がどの程度失業を改善するのだろうか。先行研究では改善・悪化の相反する実証結果があり(例えばMonacelli et al. 2010とBruckner and Pappa 2012)、依然としてこの問いに対する結論は出ていない。本稿では、Gali et al. (2012) に基づき失業を導入した中規模DSGEモデルに、政府消費が民間消費を誘発する効果と政府投資による社会資本蓄積が民間企業の生産性を短期的に高める効果を組み込み、財政支出の失業に対する効果を検証する。日本経済を対象にした実証分析によると、政府消費・政府投資はともに失業を改善させる効果が確認されたが、失業率低下のチャネルは主として伝統的な総需要の増加を通じた効果であった。一方、政府消費による民間消費の誘発効果は小さく、政府投資が民間企業の生産性を短期的に高める効果は賃金を上昇させるものの、失業へ及ぼす影響は限定的であった。ただし、労働者の市場支配力に基づき失業をモデル化していることが我々の結果に影響している可能性には留意を要する。また、財政支出が失業に与える効果については、推定期間にゼロ金利期を含めた場合でも含めない場合でも同様であり、頑健であることが確認された。

全文ダウンロード

「財政支出が失業に与えるインパクト-中規模DSGEモデルによる実証分析」別ウィンドウで開きます。(PDF形式 1.1 MB)

全文の構成

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 2ページ
    1 Introduction
  3. 3ページ
    2 Model
    1. 3ページ
      2.1 Unemployment
    2. 5ページ
      2.2 Non-wasteful Government Spending
      1. 5ページ
        2.2.1 Edgeworth complimentarities
      2. 6ページ
        2.2.2 Productive public capital
    3. 7ページ
      2.3 Effects of Non-wasteful Fiscal Expansions for Unemployment
  4. 8ページ
    3 Data and Measurement Equation
    1. 9ページ
      3.1 Assumptions
    2. 10ページ
      3.2 Preliminary Settings
    3. 10ページ
      3.3 Prior Distributions
  5. 11ページ
    4 Estimation Results
    1. 11ページ
      4.1 Estimated Parameters
    2. 12ページ
      4.2 IRFs
      1. 12ページ
        4.2.1 IRFs for government investment shock
      2. 12ページ
        4.2.2 IRFs for government consumption shock
      3. 13ページ
        4.2.3 IRFs for monetary policy shock
      4. 13ページ
        4.2.4 IRFs for neutral technology shock
    3. 13ページ
      4.3 Historical Decomposition
      1. 13ページ
        4.3.1 Output
      2. 14ページ
        4.3.2 Inflation
      3. 14ページ
        4.3.3 Unemployment
    4. 14ページ
      4.4 Robustness Check
  6. 16ページ
    5 Conclusion
  7. 17ページ
    References
  8. 20ページ
    A Appendix
    1. 20ページ
      A.1 Model Description
      1. 20ページ
        A.1.1 Firms
      2. 23ページ
        A.1.2 Households
      3. 28ページ
        A.1.3 Fiscal and Monetary Authorities
      4. 29ページ
        A.1.4 Aggregation and Resource Constraint
    2. 30ページ
      A.2 Summary of the Model
      1. 30ページ
        A.2.1 Specifications of Functional forms
      2. 30ページ
        A.2.2 Firms
      3. 31ページ
        A.2.3 Household
      4. 32ページ
        A.2.4 Fiscal and Monetary Authorities
      5. 32ページ
        A.2.5 Aggregation and Resource Constraint
      6. 33ページ
        A.2.6 Auxiliary Variables
      7. 33ページ
        A.2.7 Structural Shocks
    3. 34ページ
      A.3 Steady States
      1. 34ページ
        A.3.1 Endogenous Variables that Have Explicit Solutions
      2. 34ページ
        A.3.2 Numerical Calculation
      3. 36ページ
        A.3.3 Auxiliary Variables and Endogenously Determined Parameters
  9. 37ページ
    Table
    1. 37ページ
      Table 1 Endogenous Variables
    2. 38ページ
      Table 2 Structural Shocks
    3. 38ページ
      Table 3 Data
    4. 38ページ
      Table 4 Calibrated Parameters
    5. 39ページ
      Table 5 Prior and Posterior distributions
    6. 40ページ
      Table 6 Robustness Check
  10. 41ページ
    Figure
    1. 41ページ
      Figure 1. Unemployment Rate
    2. 41ページ
      Figure 2 (a) Unemployment
    3. 42ページ
      Figure 2 (b) Effects of Wasteful Fiscal Expansions
    4. 42ページ
      Figure 2 (c) Effects of Non-wasteful Fiscal Expansions
    5. 43ページ
      Figure 3. Distortionary Tax Rates
    6. 44ページ
      Figure 4-1 (a): IRFs for Government Investment Shock
    7. 44ページ
      Figure 4-1 (b): IRFs for Government Consumption Shock
    8. 45ページ
      Figure 4-1 (c): IRFs for Monetary Policy Shock
    9. 45ページ
      Figure 4-1 (d): IRFs for Neutral Technology Shock
    10. 46ページ
      Figure 4-2 (a). Historical Decomposition: Output
    11. 46ページ
      Figure 4-2 (b). Historical Decomposition: Inflation
    12. 47ページ
      Figure 4-2 (c). Historical Decomposition: Unemployment
    13. 47ページ
      Figure 4-2 (d). Historical Decomposition (Government Spending Shock): Unemployment
    14. 48ページ
      Figure 4-3 (a): Inflation and Nominal Interest Rate
    15. 48ページ
      Figure 4-3 (b): Inflation vs. Nominal Interest Rate
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)