ESRI Discussion Paper No.331
「商品価格ショックがインフレに与える影響:クロスカントリー分析」

2016年7月
関根篤史
早稲田大学 政治経済学術院助教
敦賀貴之
内閣府経済社会総合研究所 主任研究官

要旨

2000年代以降、商品価格の大きな変動が金融政策当局の間で政策上の関心時となっている。本稿では、144か国の月次パネルデータを用いて、商品価格のショックがインフレ率に及ぼす影響を分析する。本稿の分析では商品価格がインフレ率に及ぼす影響は一時的であることが示される。商品価格ショックが消費者物価に及ぼす影響は国によって様々であるが、その影響が一時的であることは広範に観察され、この点、いわゆる商品価格ショックの第二次効果のリスクは低いことが示唆される。本稿ではさらに、過去のインフレ率を推移変数としたSmooth Transition Autoregressive modelを用いて、商品価格ショックの影響が、インフレ率の水準に応じて持続的になり得るかどうかも検討している。この特定化では、その国の通貨がアメリカドルにペッグされている場合は商品価格ショックの影響が一時的ではない可能性があるものの、対米ドルの為替レートが変動的である国ではその影響は依然として一時的に過ぎないことが示される。

全文ダウンロード

「商品価格ショックがインフレに与える影響:クロスカントリー分析」別ウィンドウで開きます。(PDF形式 482 KB)

全文の構成

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 2ページ
    1 Introduction
  3. 4ページ
    2 Estimating IRs from local projections
    1. 4ページ
      2.1 Benchmark regressions
    2. 6ページ
      2.2 Commodity price shocks
    3. 7ページ
      2.3 Data
  4. 8ページ
    3 Main results
    1. 8ページ
      3.1 IRs from the benchmark estimation
    2. 10ページ
      3.2 Comparisons to the standard approach
    3. 11ページ
      3.3 Allowing for cross-country differences in IRs
      1. 11ページ
        3.3.1 Economic factors affecting IRs
      2. 14ページ
        3.3.2 Results using the dummy variables
    4. 15ページ
      3.4 Robustness of the transitory effect of commodity price shocks
      1. 16ページ
        3.4.1 Alternative commodity price indexes
      2. 16ページ
        3.4.2 Specifications of forecasting equations
  5. 17ページ
    4 Evidence from the STAR model
    1. 17ページ
      4.1 Estimation
    2. 19ページ
      4.2 Results from the STAR models
  6. 20ページ
    5 Conclusion
  7. 21ページ
    References
  8. 25ページ
    Table
    1. 25ページ
      Table 1: List of Countries
    2. 26ページ
      Table 2: Comparisons of estimation methods
    3. 27ページ
      Table 3: Estimates of gammaUSD,k, gammaIT,k, gammaLDC,k, and gammaTO,k based on the local linear projection with dummy variables
    4. 28ページ
      Table 4: Variability of inflation responses: Differences across specifications
    5. 29ページ
      Table 5: Results of a grid search for the STAR models
    6. 30ページ
      Table 6: Variability of inflation responses: Differences across country groups
    7. 31ページ
      Table 7: Tests for the equality of impulse responses between the high- and low-inflation regimes
  9. 32ページ
    Figure
    1. 32ページ
      Figure 1: Commodity price inflation and the estimated commodity price shocks
    2. 33ページ
      Figure 2: Impulse responses of the CPI: Benchmark regressions
    3. 34ページ
      Figure 3: Impulse responses of the CPI with interaction terms
    4. 35ページ
      Figure 4: Impulse responses of the CPI with interaction terms: High- and low-inflation regimes
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)