ESRI Discussion Paper No.338
世界経済のなかのインド:成長回帰分析からのアプローチ

2017年4月
佐藤隆広
内閣府経済社会総合研究所客員主任研究官、
神戸大学経済経営研究所教授

要旨

本研究は、過去半世紀にわたる約100カ国の経済成長の歴史的経験を踏まえたうえで、インドの経済成長を分析することを目的とする。インド経済の成長を他国と比較するために、本研究は成長回帰分析を利用している。本研究からは、以下の諸点が明らかになった。

第1に、成長回帰分析の結果から絶対的収束仮説ではなく条件付き収束仮説が正しいことが判明した。これに対して、インドでは成長率と所得水準が同時に上昇しており、条件付き収束仮説を破る動きを見せている。

第2に、出生時平均余命・投資率・経済開放度が経済成長を高めることが判明した。インドにおいても、これらは歴史的に上昇傾向にある。

第3に、人的資本は経済成長に対して非線形の影響を与える。しかしながら、中学以降の教育年数が3年を超えるとそこから教育年数は成長にプラスの貢献をすることが明らかになった。インドでは、教育年数も成長も同時に上昇傾向にある。

第4に、合計特殊出生率の上昇は成長に悪影響を与えることが分かった。インドでも、合計特殊出生率が減少するにつれて成長率も高まっている。

第5に、政府消費比率の拡大は成長にマイナスの貢献をすることが判明した。これに対して、インドでは政府消費比率と成長が同時に上昇しており、成長回帰分析の結果と異なる動きが観察される。

第6に、インフレと成長にはマイナスの関係が存在している。しかしながら、インドではインフレと成長の間に明確な関係が必ずしも観察されない。

第7に、交易条件の改善は成長を高めることがわかった。インドでも同様の関係が観察される

最後に、成長回帰分析から、民主主義と成長の間には複雑な非線形の関係があることが判明した。また、両者の関係は成長率の高低で異なる。インドの民主主義の度合いは過去半世紀の間でわずかに変動するだけであり、インドでは民主主義と成長の間に明確な関係は観察されない。

全文ダウンロード

世界経済のなかのインド:成長回帰分析からのアプローチ別ウィンドウで開きます。(PDF形式 1.08 MB)

全文の構成

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 2ページ
    1. Introduction
  3. 2ページ
    2. Economic Growth Model as a Theoretical Benchmark
  4. 4ページ
    3. Growth Experience of India from Inferences of Growth Regression
    1. 4ページ
      3.1. Absolute versus Conditional Convergences
    2. 5ページ
      3.2 Urbanization and Economic Growth
    3. 7ページ
      3.3 Basic Growth Regression
    4. 13ページ
      3.4 Robustness of Basic Growth Regression
  5. 14ページ
    Concluding Remarks
  6. 16ページ
    References
  7. 20ページ
    Figure
    1. 20ページ
      Figure 1 The Dynamics of the Neoclassical Growth Model
    2. 21ページ
      Figure 2 Absolute Convergence in the Neoclassical Growth Model
    3. n
      22ページ
      Figure 3 Conditional Convergence in the Neoclassical Growth ModelPanel A: Different Saving Rates
    4. 23ページ
      Figure 4 Simple correlation between the growth rate of per capita GDP and log of initial per-capita GDP.
    5. 24ページ
      Figure 5 Partial relation between the growth rate of per-capita GDP and log of initial per capita GDP.
    6. 25ページ
      Figure 6 Partial relation between the growth rate of per-capita GDP and upper-level schooling years.
    7. 26ページ
      Figure 7 Partial relation between the growth rate of per-capita GDP and inverted value of life expectancy at birth.
    8. 27ページ
      Figure 8 Partial relation between the growth rate of per-capita GDP and total fertility rate.
    9. 28ページ
      Figure 9 Partial relation between the growth rate of per-capita GDP and government consumption to GDP.
    10. 29ページ
      Figure 10 Partial relation between the growth rate of per-capita GDP and investment to GDP.
    11. 30ページ
      Figure 11 Partial relation between the growth rate of per-capita GDP and inflation rate.
    12. 31ページ
      Figure 12 Partial relation between the growth rate of per-capita GDP and change in terms of trade.
    13. 32ページ
      Figure 13 Partial relation between the growth rate of per-capita GDP and external openness ratio.
    14. 33ページ
      Figure 14 Partial relation between the growth rate of per-capita GDP and democracy index.
    15. 34ページ
      Figure 15 Growth Rates during 1960–2010
  8. 35ページ
    Table
    1. 35ページ
      Table 1 Descriptive Statistics and Expected Sign of Growth Regression
    2. 36ページ
      Table 2 Data for China and India
    3. 37ページ
      Table 3 Regression for annual growth rate of per capita GDP
    4. 38ページ
      Table 4 Fixed-effect regression for annual growth rate of per capita GDP
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)