ESRI Discussion Paper No.344
情報の硬直性と不完全な資本移動のもとでの経常収支動学

2018年2月
柴田章久
京都大学教授
新谷元嗣
東京大学教授
敦賀貴之
大阪大学教授、内閣府経済社会総合研究所客員主任研究官

要旨

多くの先進国では、経常収支の変動は、所得対比で見て慣性とボラティリティが非常に高い。異時点間経常収支モデル(intertemporal current account model)は消費理論に基づく経常収支の標準モデルとなっているが、この標準モデルでは、経常収支の慣性やボラティリティは非常に低く、加えて消費の変化の慣性の説明力も低い。この標準モデルに不完全資本移動の仮定を導入したShibata and Shintani(1998)のモデルでは、消費の変化の慣性の説明力は改善するものの、経常収支のボラティリティの説明力が低下してしまう。本稿では、異時点間経常収支モデルにおける合理的期待の仮定を粘着情報の仮定で置き替え、粘着情報に基づくモデルの経常収支の予測パフォーマンスを評価している。このモデルでは、消費者は所得に対するショックに即座に気づかず、ショックに応じた消費の意思決定が随時行われないと仮定される。分析の結果、粘着情報のモデルは、経常収支の慣性とボラティリティについて、合理的期待のモデルよりも優れた予測パフォーマンスを示すが、消費の変化の慣性の予測はデータよりも過大となりがちになることが分かった。他方、粘着情報のモデルを不完全資本移動の仮定で拡張したモデルの場合、情報の粘着性の度合いと不完全な資本移動の度合いを十分に考慮すれば、経常収支の慣性・ボラティリティにくわえ、消費の変化の慣性もデータとほぼ完全に整合的な予測パフォーマンスを示せることが分かった。

全文ダウンロード

情報の硬直性と不完全な資本移動のもとでの経常収支動学別ウィンドウで開きます。(PDF形式 983 KB)

全文の構成

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 2ページ
    1 Introduction
  3. 4ページ
    2 Evidence
  4. 5ページ
    3 The RE models
    1. 5ページ
      3.1 Setup
    2. 7ページ
      3.2 Characterizing the RE models
  5. 8ページ
    4 The SI models
    1. 8ページ
      4.1 Setup
    2. 11ページ
      4.2 Characterizing the SI models
      1. 11ページ
        4.2.1 Persistence and volatility of the current account
      2. 12ページ
        4.2.2 Persistence of consumption growth
      3. 14ページ
        4.2.3 Impulse responses
      4. 15ページ
        4.2.4 The hybrid SI model
  6. 16ページ
    5 Assessment of the SI models
    1. 16ページ
      5.1 Methodology
    2. 18ページ
      5.2 Predictions of the SI models
    3. 19ページ
      5.3 Degrees of information rigidity and imperfect capital mobility
  7. 20ページ
    6 Conclusions
  8. 21ページ
    References
  9. 25ページ
    A Appendix
    1. 25ページ
      A.1 The maximization problem and the optimality conditions
    2. 26ページ
      A.2 Inattentive consumer's saving
    3. 27ページ
      A.3 Proof of Proposition 1
      1. 27ページ
        A.3.1 Derivation of (13)
      2. 27ページ
        A.3.2 Derivation of (14)
    4. 30ページ
      A.4 Proof of Proposition 2
      1. 30ページ
        A.4.1 Derivation of (17)
      2. 32ページ
        A.4.2 Derivation of (18)
    5. 34ページ
      A.5 Proof of Corollary 6
    6. 35ページ
      A.6 Proof of Proposition 3
  10. 36ページ
    Figures
    1. 36ページ
      Figure 1: The current account and changes in consumption
    2. 37ページ
      Figure 2: Impulse response function
    3. 38ページ
      Figure 3: Impact of imperfect capital mobility
  11. 39ページ
    Tables
    1. 39ページ
      Table 1: Sample moments of the current account in rich OECD countries(1980-2013)
    2. 39ページ
      Table 2: Theoretical predictions of the RE models
    3. 40ページ
      Table 3: Predictions of the RE models (μ ≠ 0)
    4. 41ページ
      Table 4: Predictions of the SI models (μ ≠ 0)
    5. 42ページ
      Table 5: Estimates of ω and λ and Q(θ) in the SI models
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)