ESRI Discussion Paper No.347
遺産相続が個人の労働供給に与える効果:日本のマイクロデータによる実証分析

2018年7月
新関剛史
愛媛大学法文学部講師
内閣府経済社会総合研究所客員研究員
雅博
内閣府経済社会総合研究所上席主任研究官

要旨

本稿では、家計資産の外生的変化としての遺産相続が個々の労働供給に与える資産効果を検証した。26-51歳の日本のマイクロデータを用いた結果、(1)男性の就労確率は遺産受取に反応しないが、女性の就労確率は低下する、(2)ほとんどの回答者にとって、遺産の相続は予期せぬものと思われることがわかった。また、回答者の配偶者の情報を用いて、家計を単一の意思決定主体とみなす単一世帯モデル(Unitary model)の検証を行った。その結果、家庭内で誰が遺産を受け取ったかは、個々の世帯員による労働供給に重要な影響を与えることが示唆された。これは単一世帯モデルとは非整合的な結果である。

全文ダウンロード

遺産相続が個人の労働供給に与える効果:日本のマイクロデータによる実証分析別ウィンドウで開きます。(PDF形式 493 KB)

全文の構成

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 2ページ
    1. Introduction
  3. 5ページ
    2. Data
  4. 6ページ
    3. Empirical strategy and results
    1. 6ページ
      3.1 Benchmark case
    2. 9ページ
      3.2.The role of anticipating the parent’s death
    3. 10ページ
      3.3 Unitary model
  5. 12ページ
    4. Conclusion
  6. 14ページ
    References
  7. 17ページ
    Tables
    1. 17ページ
      Table 1: Descriptive statistics of observations in our sample
    2. 18ページ
      Table 2: Effect of inheritance receipt on employment
    3. 19ページ
      Table 3: Effect of inheritance amount on employment
    4. 20ページ
      Table 4: Effect of inheritance receipt or amount on employment (Cross analysis vs. vertical analysis)
  8. 21ページ
    Figures
    1. 21ページ
      Figure 1(a): Age profile of employment rate by birth-year cohort (Men)
    2. 21ページ
      Figure 1(b): Age profile of employment rate by birth-year cohort (Women)
    3. 22ページ
      Figure 2(a): Estimates of β2 for 9-year window (Men)
    4. 22ページ
      Figure 2(b): Estimates of β2 for 9-year window (Women)
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)