ESRI Discussion Paper No.349
非公開銀行の破たん確率の予測:日本の信用金庫の場合

2019年4月
渡部和孝
慶應義塾大学商学部教授
内閣府経済社会総合研究所客員主任研究官
ブラヒム・ギザーニ
ジェンドウバ大学法経済経営学部講師

要旨

上場銀行について、破たん確率の計算に用いられる、株式総額からインプライされる銀行資産の市場価値とそのボラティリティと財務変数の間の統計的関係を用いて、未上場の信用金庫についてこれらの2変数をサンプル外予測する。さらに、これら2変数の推計値を用いて信用金庫の破たん確率を計算する。こうして求めた信用金庫の破たん確率は近い将来に破たんする信用金庫の識別において規制自己資本比率を補完することがわかった。

全文ダウンロード

非公開銀行の破たん確率の予測:日本の信用金庫の場合別ウィンドウで開きます。(PDF形式 1.35 MB)

全文の構成

  1. 1ページ
    Abstract
  2. 2ページ
    1. Introduction
  3. 5ページ
    2. Empirical Methodology
  4. 9ページ
    3. Data
  5. 12ページ
    4. Results
    1. 12ページ
      4.1. Overall results
    2. 13ページ
      4.2. Estimated PD, IPP and leverage for ex-post failed shinkin banks
  6. 17ページ
    5. Conclusion
  7. 19ページ
    References
  8. 21ページ
    Tables
    1. 21ページ
      Table 1. Independent Variables for Regressions of Logarithms of χ (Leverage) and σν(Volatility of the Market Value of Assets) and Their Definitions.
    2. 22ページ
      Table 2. Descriptive Statistics of Stock Market Based Variables and Independent Variables Used for the Regressions of Logarithms of χ (Leverage) and σν (Volatility of the Market Value of Assets) for Listed Regional Banks
    3. 23ページ
      Table 3. The Sample Size and the R-squared for Every Fiscal Year in the Sample Period of FY1989 through FY2016
    4. 24ページ
      Table 4. Descriptive Statistics of Shareholder Value Implied Variables and Failure Risk Measures
    5. 25ページ
      Table 5. The List of Failed Shinkin Banks
    6. 26ページ
      Table 6. The values for the DD, the PD, the IPP, Leverage and the Capital Adequacy Ratio for Three Consecutive Fiscal Years Ending in the Last Year, for Which at Least IPP and Leverage Are Available, Leading to A Year of A Bank’s Failure: 19 Failed Shinkin Banks
  9. 30ページ
    Figures
    1. 30ページ
      Figure 1.1. The Trends of Aggregate PD
    2. 31ページ
      Figure 1.2. The Trends of Aggregate IPP
    3. 32ページ
      Figure 1.3. The Trends of Aggregate Leverage
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)