2003年のESRI Discussion Paper

2003年のESRI Discussion Paper

"ESRI Discussion Paper"は、当研究所等の研究者によって行われた研究成果をとりまとめたものです。学界、研究機関等の関係する方々から幅広くコメントを頂き、今後の研究に役立てることを意図して発表しております。

* が付いている番号の本文は英語です。

2003年のESRI Discussion Paper(No.81-83)
No.83 「保育サービス需要の価格弾力性と潜在需要推計-仮想市場法(CVM)によるアプローチ-」
清水谷 諭、野口 晴子 2003年12月
No.82 「東アジアの相互依存と通貨制度~通貨危機後の東アジア経済圏における為替政策の波及効果~」
大野 早苗、福田 慎一 2003年12月
No.81 経皮的冠動脈形成術(PTCA)実施後の急性心筋梗塞疾患患者に対する治療選択と治療成績の定量的検証:「ESRI・急性心筋梗塞患者データ2003」による実証分析結果
野口 晴子、清水谷 諭、茅野 真男 2003年12月
2003年のESRI Discussion Paper(No.71-80)
No.80* 非営利主体は高品質のシグナルか?-要介護者世帯への介護サービス利用調査による検証-
清水谷 諭、野口 晴子 2003年11月
No.79 デフレーションは経済学では説明できないのか
原田 泰、中田 一良 2003年11月
No.78 大停滞はなぜ起こったのか:資源配分の非効率か、全要素生産性の低下か
原田 泰、中田 一良 2003年11月
No.77* 日本の大停滞:何が悪かったのか
原田 泰、大西 茂樹 2003年11月
No.76* 交換経済モデルにおける不完全情報とunsophisticatedなプレイヤー-unsophisticatedなプレイヤーの存在による複数均衡の解消と生産的均衡の出現-
浜田 宏一、田邊 靖夫 2003年11月
No.75 短期日本経済マクロ計量モデル(2003年版)の構造と乗数分析
堀 雅博、青木 大樹 2003年11月
No.74 空間集積を伴う内生的成長モデルにおける公共投資の最適規模と地域間配分の分析
近藤 広紀 2003年10月
No.73 一般均衡型世代重複シミュレーションモデルの開発-これまでの研究事例と今後の発展課題-
川崎 研一、島澤 諭 2003年10月
No.72 財政改革と国民負担
跡田 直澄、前川 聡子、川瀬 晃弘、北浦 義朗、木村 真 2003年10月
No.71* 韓国の経済危機と個人主義への文化的変化
Ho-Chul Lee、Mary P. McNulty 2003年10月
2003年のESRI Discussion Paper(No.61-70)
No.70 長時間介護はなぜ解消しないのか?-要介護者世帯への介護サービス利用調査による検証-
清水谷 諭、野口 晴子 2003年10月
No.69 日本の教育経済学:実証分析の展望と課題
小塩 隆士、妹尾 渉 2003年10月
No.68 対日・対外直接投資と製造業企業の生産性-企業活動基本調査個票データによる実証分析-
村上 友佳子、深尾 京司 2003年10月
No.67* 1970-98年における部門別生産性と日本の経済成長-JIPデータベースに基づく実証分析-
深尾 京司、乾 友彦、河井 啓希、宮川 努 2003年10月
No.66 日本の生産性と経済成長-産業レベル・企業レベルデータによる実証分析-
深尾 京司、権 赫旭 2003年10月
No.65* どうすればデフレ期待を反転できるか?-国民生活モニター調査(個票)による検証-
堀 雅博、清水谷 諭 2003年10月
No.64 高齢化社会における社会資本-部門別社会資本を考慮した長期推計-
川出 真清、別所 俊一郎、加藤 竜太 2003年10月
No.63 季節調整プログラムX-12-ARIMAとTRAMO-SEATSの分解構造-試験的な実証分析を添えて-
東 晋司 2003年9月
No.62 19世紀のデフレーションはなぜ始まり、なぜ終わったのか
原田 泰、中田 一良、相樂 惠美 2003年9月
No.61 SNA概念による高齢者の所得・資産分布 -世帯所得・資産と等価尺度(equivalence scale)による分析-
浜田 浩児 2003年9月
2003年のESRI Discussion Paper(No.51-60)
No.60 要介護認定率の上昇と在宅介護サービスの将来需要予測-要介護者世帯への介護サービス利用調査による検証-
清水谷 諭、野口 晴子 2003年9月
No.59 金融政策の波及チャンネルとしての為替レート
寺井 晃、飯田 泰之、浜田 宏一 2003年9月
No.58 急性心筋梗塞疾患患者へのPTCA施行を用いた医療評価の方法とプロセスの研究(「ESRI・急性心筋梗塞患者データ2003」利用マニュアル)
野口 晴子、茅野 真男、清水谷 諭、川渕 孝一 2003年9月
No.57* 保育サービス供給の効率性-ミクロデータによる費用関数の推計-
清水谷 諭、野口 晴子 2003年8月
No.56 デフレ期待と実質資本コスト -ミクロデータによる90年代の設備投資関数の推計-
清水谷 諭、寺井 晃 2003年8月
No.55* 資産価格変動と消費行動のミクロ・データによる研究
堀 雅博、清水谷 諭 2003年8月
No.54* 保育サービスの質の定量的評価-ミクロデータによる検証-
清水谷 諭、野口 晴子 2003年8月
No.53 構造的失業の再検討-失業率上昇の背景-
玄田 有史、近藤 絢子 2003年8月
No.52 マクロ計量モデルにおける乗数推定値の精度-確率的シミュレーションによる評価-
堀 雅博、山根 誠、田邉 智之 2003年8月
No.51 社会資本整備と経済成長-道路投資を対象とした実証分析-
中里 透 2003年7月
2003年のESRI Discussion Paper(No.41-50)
No.50 特別信用保証と中小企業経営の再構築-中小企業とミクロ・データによる概観と考察-
松浦 克己、堀 雅博 2003年7月
No.49 ILO基準社会保障費との比較で見たSNA社会保障統計
浜田 浩児 2003年7月
No.48 社会資本と地方公共サービス-資本化仮説による地域別社会資本水準の評価-
林 正義 2003年7月
No.47 日本企業の研究開発の効率性はなぜ低下したのか
榊原 清則、辻本 将晴 2003年6月
No.46 なぜアルゼンチンは停滞し、チリは再生したのか
原田 泰、黒田 岳士 2003年6月
No.45 賃金の硬直性と金融政策の重要性
原田 泰、川崎 研一、江川 暁夫、木滝 秀彰 2003年6月
No.44* R&D and Productivity Growth in Japanese Manufacturing Firms
乾 友彦、権 赫旭 2003年6月
No.43* 日本の主要な援助対象9カ国におけるツーギャップ・モデルの有効性多変数自己回帰分析の応用
山下 道子、アニール・カチ 2003年6月
No.42 累進所得税と厚生変化-公的資金の社会的限界費用の試算-
林 正義、別所 俊一郎 2003年6月
No.41 IT投資は日本経済を活性化させるか-JIPデータベースを利用した国際比較と実証分析-
宮川 努、浜潟 純大、中田 一良、奥村 直紀 2003年6月
2003年のESRI Discussion Paper(No.31-40)
No.40 誰が所得再分配政策を支持するのか?
大竹 文雄、富岡 淳 2003年6月
No.39 昭和恐慌をめぐる経済政策と政策思想:金解禁論争を中心として
若田部 昌澄 2003年6月
No.38 金融機関の健全性と地域経済-都道府県別データによる検証-
堀 雅博、木滝 秀彰 2003年5月
No.37 1990年代の金融政策の効果-マクロ計量モデルによる歴史的シミュレーション-
川崎 研一、青木 大樹 2003年5月
No.36 信用乗数の変化はいかに説明できるか
飯田 泰之、原田 泰、浜田 宏一 2003年5月
No.35 FTPL(Fiscal Theory of Price Level)を巡る論点について
河越 正明、広瀬 哲樹 2003年5月
No.34* 保育サービス市場における営利・非営利の賃金格差-ミクロデータによる検証-
清水谷 諭、鈴木 亘、野口 晴子 2003年5月
No.33* 保育士の賃金決定要因と賃金プロファイル-ミクロデータによる検証-
清水谷 諭、鈴木 亘、野口 晴子 2003年5月
No.32 第三セクターの経営悪化の要因分析-商法観光分野の個票財務データによる実証分析-
赤井 伸郎 2003年5月
No.31 雇用機会再配分と労働再配分-「雇用動向調査」による労働移動の実証分析-
照山 博司 2003年5月
2003年のESRI Discussion Paper(No.26-30)
No.30 為替レートの減価とインフレ期待-70年代初頭の沖縄の教訓
清水谷 諭、与儀 達博 2003年4月
No.29 名目短期金利ゼロの下限と金融政策-金融緩和消極論への批判的検討-
松岡 幹裕 2003年3月
No.28 PFIと内部情報-中途解約と負債による規律づけ-
三井 清 2003年2月
No.27 貿易、立地と「均衡」為替レートについて
広瀬 哲樹、森藤 拓 2003年2月
No.26 少子高齢・成熟経済での「社会保険統合」に関する研究-あるべき皆保険の姿と21世紀中の財政見通し-
喜多村 悦史、竹下 隆夫、郡司 康幸 2003年2月
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)