ESRI Working Paper Series No.1
新興市場経済における資本流入、株式市場、マクロ経済政策:
韓国の経験

2001年7月
  • Jai-Won Ryou(Konkuk University and Yale University)

要旨

本稿では、新興市場経済への株式市場を通じた資本流入の役割について分析している。債券投資に比べ株式投資が重要な小規模な開放経済においては、金融政策の方が財政政策よりも有効ということにはならない。拡張的な金融政策は、国内金利を低下させるが、株式投資に対する期待収益率を上昇させる。それによる資本流入が国内通貨を増価させるため、最終的な影響は不確定になる。緩衝材として柔軟な為替レートが望ましいという事も確認される。通貨危機後の韓国経済の実証的証拠は、これらのことを裏付けている。

本文のダウンロード

全文の構成

  1. Abstract
  2. 1ページ
    I. Introduction
  3. 4ページ
    II. Capital Inflows into Emerging Market Economies
    1. 4ページ
      1. Recent Trends in Capital Inflows into Emerging Market Economies
    2. 8ページ
      2. Portfolio Investment in Korea
  4. 12ページ
    III. A Small Open Economy Model
    1. 12ページ
      1. The Goods Markets
    2. 12ページ
      2. The Financial Markets
    3. 17ページ
      3. The Balance of Payments
    4. 19ページ
      4. The Equilibrium of the Economy
  5. 20ページ
    IV. Macroeconomic Policy and External Shocks
    1. 20ページ
      1. The Monetary Policy
    2. 22ページ
      2. The Fiscal policy
    3. 24ページ
      3. Increase in World Interest Rates
  6. 27ページ
    V. Empirical Analysis
    1. 27ページ
      1. Data and Methodology
    2. 28ページ
      2. Money Supply Shock
  7. 31ページ
    VI. Conclusion
  8. 37ページ
    Appendix
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)