Economic & Social Research

『Economic & Social Research(ESR)』では、内閣府経済財政政策担当部局の施策、経済社会総合研究所の研究成果等に関する情報提供を行っています。

最新の公表

Economic & Social Research No.15 2016年冬号 生産性向上に向けて:OECDにおける議論

Economic & Social Research No.15 2016年冬号
別ウィンドウで開きます。
(PDF形式 10.4 MB)

発行日: 2016年12月 発行

生産性向上に向けて:OECDにおける議論


目次


政策分析インタビュー
生産性の向上に向けて
大橋 弘
東京大学大学院経済学研究科教授
トピック
生産性に関する国際的な議論:
OECDの生産性フォーラム(於リスボン)から得られた示唆
吉中 孝
政策統括官(経済財政運営担当)付参事官(国際経済担当)付参事官補佐
経済財政政策部局の動き:経済の動き
消費総合指数に関する諸課題への検討
吉田 充
政策統括官(経済財政分析担当)付参事官(総括担当)付政策企画専門職
経済理論・分析の窓
経済見通しの理解と実践~経済見通しの基本的技術~
浦沢聡士
経済社会総合研究所総務部総務課課長補佐
最近のESRI研究成果より
結婚の意思決定に関する分析
~若者の結婚の意思決定を左右する背景要因はなにか~
石田絢子
経済社会総合研究所行政実務研修員
ESRI統計より:国民経済計算
国民経済計算の平成23年基準改定の概要について~2008SNAへの対応を中心に~
山岸圭輔
経済社会総合研究所国民経済計算部企画調査課課長補佐
ESRI統計より:景気統計
企業行動に関するアンケート調査における調査対象の拡充について
橋本由理子
経済社会総合研究所景気統計部部長補佐
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)