ESR「研究レポート」 投稿要綱

 『Economic & Social Research(ESR)』では、本誌のうち、「研究レポート」につきまして、当研究所内外からの投稿を受け付ております。

なお、本誌の掲載論文等は、すべて個人の責任で執筆されており、内閣府や経済社会総合研究所の公式見解を示すものではありません。

1.投稿要綱

  • 1.「研究レポート」は、経済社会の重要な問題に関する論文(試論レベルのものを含む。)を中心に掲載する。
  • 2.「研究レポート」には、内閣府内外の者が投稿できる。
  • 3.投稿論文は未発表かつ他の媒体に投稿していないものに限る。なお、既に発表されている又は他の媒体に投稿されている他の論文等の紹介等を行う投稿論文については、当該投稿論文自体が未発表かつ他の媒体に投稿していないものであれば、本要件を満たすものとする。
  • 4.投稿論文は日本語で、原則として、図表を含め4枚以内(1枚は40字×40行。以下同じ。)とする。ただし、4枚以内とすることが困難なものについては、4枚以内の日本語要旨を別途作成した上であれば、10枚以内まで投稿を受け付けるものとする(その場合、「Economic & Social Research」上には同要旨を掲載し、全文は内閣府経済社会総合研究所Webサイト上(「Economic & Social Research」に関する情報を掲載する場所)に別途掲載することとする。)。
  • 5.投稿は、電子メールに原稿を添付し、「Economic & Social Research」編集委員会(esr.editor@cao.go.jp)に送信することによって行う。その際、電子メール本文には、氏名、連絡先住所、電話番号、Fax番号、e-mailアドレスを明記する。
  • 6.投稿論文の採否は、投稿を受け付けてから原則として3か月以内に編集委員会が決定する。
  • 7.採用された投稿論文の著作権は、内閣府経済社会総合研究所に帰属するものとする。
  • 8.原稿はMicrosoft Wordで作成し、適宜見出しを付するとともに、脚注、参考文献、図表番号の記載は以下のとおりとする。
  • (1) 脚注
    • 脚注番号は、該当箇所右肩に、1, 2のように表記し、脚注内容は頁下に掲載する。
  • (2) 参考文献
    • 本文中で参考文献を引用する場合は、該当箇所に[執筆者名(姓のみ), 西暦発行年(4桁表示): 引用ページ]を示す。
    • 論文名は、「参考文献」に一括して表示する。
    • 「参考文献」は、和書、洋書は以下の表記方式に従い、和書は著者の五十音順、洋書は著者のアルファベット順で表記する。
    • 和書:著者名「論文名」『雑誌名』, 発行年月, vol. ○, pp. ○○-○○.
      • :『雑誌名』出版社, 発行年月.
    • 洋書:著者名. “論文名,” 雑誌名, 発行年月, vol. (No.) ○, pp. ○○-○○.
      • :著者名. 雑誌名, 出版社, 発行年月.
  • (3) 図表番号
    • 図表番号は、図表1、図表2のように通し番号を図表の上に付す。
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)