経済社会総合研究所とは

経済社会総合研究所(Economic and Social Research Institute : 以下ESRIという)は、中央省庁再編の一環として従来の経済企画庁経済研究所の機能、規模を拡充して2001年1月に発足した内閣府の機関です。

内閣府は重要課題を担当する「知恵の場」ですが、ESRIは内閣府のシンクタンクとして理論と政策の橋渡しを担う、いわば「知恵の場」の中の「知恵の場」といえます。

ESRIの主要な任務として、経済活動、経済政策、社会活動等に関わる理論及び実証研究を行い、政策研究機関としての機能強化を図るとともに、政策研究を担う人材育成・研修等に取り組んでいます。また同時に、GDP(国内総生産)統計に代表される国民経済計算体系(SNA : System of National Accounts)の推計作業を行い、四半期毎のGDP速報(QE : Quarterly Estimates)及び年度毎の確報を公表、さらには、CI(景気動向指数)等の景気動向統計の作成を行い、公表しています。

(関連法令)

中央省庁等改革基本法(平成十年六月十二日 法律第百三号)(抄)

  • 第一二条 6 経済企画庁に置かれている試験研究機関は、内閣府に移管し、内閣府の内部部局と連携して機能するようにするものとする。

内閣府本府組織令(平成十二年六月七日 政令第二百四十五号)(抄)

第四十三条 経済社会総合研究所(以下この条において「研究所」という。)は、次に掲げる事務をつかさどる。

  • 一 経済活動及び社会活動についての経済理論その他これに類する理論を用いた研究(大学及び大学共同利用機関におけるものを除く。)を行うこと。
  • 二 国民経済計算の体系の整備及び改善を行うこと。
  • 三 国民経済計算を作成すること。
  • 四 本府の所掌事務に関する研修を行うこと。
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)