「バブル/デフレ期の日本経済と経済政策」
第4巻『不良債権と金融危機』

第4巻『不良債権と金融危機』

( 全体の構成 )

内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当) 与謝野馨

編集委員会委員長 内閣府経済社会総合研究所所長 岩田一政
同前委員長 東北公益文科大学学長 黒田昌裕

研究会および分科会等委員名簿別ウィンドウで開きます。(PDF形式 124 KB)

目次別ウィンドウで開きます。(PDF形式 151 KB)

読者へ別ウィンドウで開きます。(PDF形式 94 KB)香西泰 xi

序  不良債権と金融危機別ウィンドウで開きます。(PDF形式 278 KB)池尾和人 xiii

1 地価変動に翻弄された日本経済別ウィンドウで開きます。(PDF形式 942 KB)櫻川昌哉・櫻川幸恵 3ページ

  1. 5ページ
    1 はじめに
  2. 7ページ
    2 バブルの発生
  3. 8ページ
    3 資産市場のブーム・崩壊と金融危機のモデル
  4. 16ページ
    4 円高と非貿易財・貿易財比率の傾向的上昇
  5. 18ページ
    5 政策的対応とバブル崩壊
  6. 20ページ
    6 VAR分析から見た地価の動きと構造変化
  7. 24ページ
    7 地価下落と不良債権問題
  8. 29ページ
    8 「貸し渋り」と地価下落
  9. 30ページ
    9 地価の回復と危機の終焉
  10. 32ページ
    参考文献

2 土地税制と地価の変動別ウィンドウで開きます。(PDF形式 697 KB)山崎福寿 35ページ

  1. 37ページ
    1 はじめに
  2. 38ページ
    2 地価バブルの検証
  3. 42ページ
    3 固定資産税と土地譲渡所得税が地価の変動に及ぼす影響
  4. 48ページ
    4 相続税と土地譲渡所得税が地価に及ぼす影響
  5. 63ページ
    5 結論
  6. 66ページ
    付録1 土地譲渡所得税制の変遷
  7. 67ページ
    付録2 土地の相続税制度
  8. 73ページ
    付録3 相続税額の計算
  9. 74ページ
    参考文献

3 銀行破綻と監督行政別ウィンドウで開きます。(PDF形式 757 KB)池尾和人 79ページ

  1. 81ページ
    1 はじめに
  2. 81ページ
    2 理論的整理――最適破綻処理政策とは
  3. 89ページ
    3 破綻処理制度の進化過程
  4. 106ページ
    4 まとめ――政策的含意

4 借り手企業の破綻法制と銀行危機別ウィンドウで開きます。(PDF形式 869 KB)田中亘 109ページ

  1. 111ページ
    1 はじめに
  2. 113ページ
    2 破綻法制の意義および統計
  3. 116ページ
    3 法的整理に関する法制度
  4. 137ページ
    4 私的整理のための法規制の柔軟化――デット・エクイティ・スワップ(DES)について
  5. 143ページ
    5 私的整理に関するソフトロー
  6. 145ページ
    6 税制
  7. 147ページ
    7 おわりに――破綻法制と貸し手側のインセンティブについて
  8. 150ページ
    参考文献

5 銀行の経営悪化と破綻処理別ウィンドウで開きます。(PDF形式 661 KB)深尾光洋 153ページ

  1. 155ページ
    1 はじめに
  2. 157ページ
    2 バブルと日本の金融システム
  3. 164ページ
    3 金融危機における金融監督の役割
  4. 183ページ
    4 結論――回復する日本経済と金融システム
  5. 184ページ
    参考文献

6 生命保険会社の経営悪化別ウィンドウで開きます。(PDF形式 733 KB)植村信保 185ページ

  1. 187ページ
    1 はじめに
  2. 188ページ
    2 生保の経営悪化
  3. 191ページ
    3 経営悪化をもたらした要因
  4. 204ページ
    4 保険行政の動向
  5. 210ページ
    5 会社内部の問題
  6. 211ページ
    6 おわりに
  7. 213ページ
    参考文献

7 公的資金投入をめぐる政治過程――住専処理から竹中プランまで別ウィンドウで開きます。(PDF形式 820 KB)久米郁男 215ページ

  1. 218ページ
    1 公的資金投入をめぐる政治過程
  2. 234ページ
    2 マスメディアの対応
  3. 240ページ
    3 世論調査
  4. 246ページ
    4 「竹中プラン」はなぜ導入できたのか
  5. 248ページ
    参考文献

8 不良債権処理政策の経緯と論点別ウィンドウで開きます。(PDF形式 862 KB)西村吉正 251ページ

  1. 253ページ
    1 不良債権額
  2. 263ページ
    2 不良債権処理策の評価
  3. 275ページ
    3 資本毀損の時代と資本不足解消策
  4. 282ページ
    参考文献

9 長期不況と金融政策・為替レート・銀行信用別ウィンドウで開きます。(PDF形式 917 KB)深尾光洋 285ページ

  1. 289ページ
    1 はじめに
  2. 290ページ
    2 デフレの原因と金融政策の有効性
  3. 306ページ
    3 量的緩和政策の検証
  4. 323ページ
    4 ポスト量的緩和政策
  5. 331ページ
    5 為替相場変動と日本経済
  6. 339ページ
    6 おわりに
  7. 340ページ
    補論 デフレの原因に関する誤った議論
  8. 344ページ
    参考文献

10 バランスシートの毀損と実物経済――1990年代以降の日本経済の実証分析別ウィンドウで開きます。(PDF形式 778 KB)小川一夫 345ページ

  1. 347ページ
    1 はじめに
  2. 348ページ
    2 バランスシートの毀損と企業行動――理論的整理
  3. 353ページ
    3 バランスシートの毀損と企業行動――先行研究のサーベイ
  4. 355ページ
    4 バランスシートの毀損と設備投資行動
  5. 364ページ
    5 バランスシートの毀損と雇用調整
  6. 374ページ
    6 バランスシートの毀損と研究開発投資
  7. 381ページ
    7 結びにかえて
  8. 381ページ
    参考文献

11 不良債権で失われた資本と産出別ウィンドウで開きます。(PDF形式 685 KB)櫻川昌哉・渡辺善次 387ページ

  1. 389ページ
    1 はじめに
  2. 390ページ
    2 「国民経済計算」(SNA)における資本ストックと不良債権の取り扱い
  3. 397ページ
    3 不良債権を考慮した資本系列――経済的消耗をどう測るか
  4. 401ページ
    4 新たな資本系列とTFP成長率
  5. 404ページ
    5 不良債権で失われたGNP
  6. 405ページ
    6 追加的分析
  7. 409ページ
    7 まとめ
  8. 409ページ
    補論1
  9. 411ページ
    補論2
  10. 412ページ
    参考文献

12 バブルとアジアの資本移動変化別ウィンドウで開きます。(PDF形式 899 KB)吉野直行・飯島高雄 415ページ

  1. 417ページ
    1 はじめに
  2. 419ページ
    2 バブルの発生を示唆する経済指標
  3. 421ページ
    3 アジアの資金の流れと日本の金融業のアジア戦略
  4. 427ページ
    4 生産ネットワークのアジア
  5. 430ページ
    5 日本からアジアへの資本移動に関するクラスター分析
  6. 434ページ
    6 日本からアジアへの資本移動の要因
  7. 443ページ
    7 アジア域内の証券投資活性化への方策
  8. 446ページ
    参考文献
  1. 449ページ
    索引別ウィンドウで開きます。(PDF形式 321 KB)

執筆者紹介別ウィンドウで開きます。(PDF形式 80 KB)

編者:
池尾和人
発行日:
平成21年12月10日
発行所:
慶應義塾大学出版会株式会社別ウィンドウで開きます。
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)