「バブル/デフレ期の日本経済と経済政策」
第6巻『労働市場と所得分配』

第6巻『労働市場と所得分配』

( 全体の構成 )

内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当) 与謝野馨

編集委員会委員長 内閣府経済社会総合研究所所長 岩田一政
同前委員長 東北公益文科大学学長 黒田昌裕

研究会および分科会等委員名簿別ウィンドウで開きます。(PDF形式 124 KB)

目次別ウィンドウで開きます。(PDF形式 162 KB)

読者へ別ウィンドウで開きます。(PDF形式 94 KB)香西泰 xi

序  労働市場と所得分配別ウィンドウで開きます。(PDF形式 265 KB)樋口美雄 xiii

1 労働分配率,賃金低下別ウィンドウで開きます。(PDF形式 815 KB)野田知彦・阿部正浩 3ページ

  1. 5ページ
    1 はじめに
  2. 6ページ
    2 労働分配率の測定方法
  3. 9ページ
    3 1990年以降の労働分配率
  4. 19ページ
    4 賃金伸び悩みの背景
  5. 24ページ
    5 賃金決定
  6. 32ページ
    6 賃金伸び悩みに関する実証分析
  7. 40ページ
    7 結びにかえて
  8. 42ページ
    参考文献

2 賃金調整・雇用調整とフィリップス曲線の変化――1990年代の変化とその背景別ウィンドウで開きます。(PDF形式 720 KB)山本勲 47ページ

  1. 49ページ
    1 はじめに
  2. 52ページ
    2 賃金・雇用変動の推移――フィリップス曲線の時系列・国際比較
  3. 58ページ
    3 フィリップス曲線フラット化の理論的考察
  4. 63ページ
    4 1990年代のフィリップス曲線フラット化の要因検証
  5. 73ページ
    5 日本の失業率上昇の背景
  6. 75ページ
    6 おわりに
  7. 76ページ
    参考文献

3 構造的失業とミスマッチ別ウィンドウで開きます。(PDF形式 761 KB)西川正郎 81ページ

  1. 83ページ
    1 はじめに
  2. 85ページ
    2 労働移動と構造的失業
  3. 98ページ
    3 部門間移動仮説と人的資本の特殊性
  4. 116ページ
    4 マッチング機能
  5. 121ページ
    5 構造的失業・ミスマッチをめぐる変化
  6. 130ページ
    6 結び
  7. 132ページ
    参考文献

4 1990年代後半から2000年代前半の雇用深刻化に関する検証
――雇用創出・消失の動向と存続・開廃効果への分解別ウィンドウで開きます。
(PDF形式 687 KB) 照山博司・玄田有史 137ページ

  1. 139ページ
    1 はじめに
  2. 141ページ
    2 マクロ的雇用動向の推移
  3. 144ページ
    3 雇用創出・雇用消失
  4. 149ページ
    4 雇用変動の開廃効果と存続効果への分解
  5. 156ページ
    5 分析結果の要約
  6. 157ページ
    参考文献

5 1980年代以降の日本の労働時間別ウィンドウで開きます。(PDF形式 661 KB)神林龍 159ページ

  1. 161ページ
    1 はじめに
  2. 163ページ
    2 前提条件1――労働時間法制の変化
  3. 165ページ
    3 前提条件2――労働時間の変化の概観
  4. 182ページ
    4 労働供給弾性値の計測
  5. 189ページ
    5 所定内労働時間縮減の効果
  6. 191ページ
    6 おわりに
  7. 193ページ
    付表 要約統計量
  8. 195ページ
    参考文献

6 労働組合と雇用調整別ウィンドウで開きます。(PDF形式 520 KB)野田知彦 199ページ

  1. 201ページ
    1 はじめに
  2. 202ページ
    2 労働組合と雇用調整
  3. 210ページ
    3 ステークホルダー・モデルと労働組合の効果――1991―2003年のポストバブル期に関するパネル分析
  4. 225ページ
    4 まとめにかえて
  5. 225ページ
    参考文献

7 年功賃金・成果主義・賃金構造別ウィンドウで開きます。(PDF形式 776 KB)三谷直紀 227ページ

  1. 229ページ
    1 はじめに
  2. 230ページ
    2 賃金構造の変化
  3. 239ページ
    3 賃金制度の変化――成果主義の導入
  4. 248ページ
    4 まとめ
  5. 250ページ
    参考文献

8 所得格差別ウィンドウで開きます。(PDF形式 908 KB)大竹文雄・小原美紀 253ページ

  1. 255ページ
    1 はじめに
  2. 257ページ
    2 所得格差は拡大したのか
  3. 260ページ
    3 所得格差の国際比較
  4. 262ページ
    4 上位所得比率
  5. 264ページ
    5 貧困世帯は増えているのか
  6. 265ページ
    6 世帯構造の変化による見せかけの不平等
  7. 267ページ
    7 生涯所得の格差を測る
  8. 271ページ
    8 不平等度上昇は人口高齢化によって引き起こされたのか
  9. 279ページ
    9 世帯所得階層間移動
  10. 283ページ
    10 おわりに
  11. 284ページ
    参考文献

9 バブル経済以後の学校教育と教育政策別ウィンドウで開きます。(PDF形式 754 KB)赤林英夫 287ページ

  1. 289ページ
    1 はじめに
  2. 290ページ
    2 教育の規制緩和――その経済学的背景
  3. 291ページ
    3 バブル期前後における学校教育――私立学校の台頭
  4. 293ページ
    4 バブル期前後における教育政策
  5. 296ページ
    5 バブル崩壊後の教育政策への評価と圧力
  6. 301ページ
    6 「ゆとり教育」以後の教育政策
  7. 314ページ
    7 おわりに
  8. 315ページ
    参考文献

10 賃金格差――個人間,企業規模間,産業間格差別ウィンドウで開きます。(PDF形式 692 KB)太田清 319ページ

  1. 321ページ
    1 はじめに
  2. 322ページ
    2 個人間賃金格差
  3. 346ページ
    3 企業規模間賃金格差
  4. 355ページ
    4 産業間賃金格差
  5. 360ページ
    5 まとめ
  6. 361ページ
    補論 賃金格差に関する先行研究
  7. 366ページ
    参考文献

11 バブル景気以降における男女間賃金格差の実態とその研究動向別ウィンドウで開きます。(PDF形式 653 KB) 川口章 369ページ

  1. 371ページ
    1 はじめに
  2. 372ページ
    2 男女間賃金格差の推移
  3. 379ページ
    3 男女間賃金格差の原因に関する実証研究
  4. 385ページ
    4 男女間賃金格差の推移に関する実証研究
  5. 389ページ
    5 追加的分析
  6. 395ページ
    6 まとめ
  7. 396ページ
    参考文献

12 賃金・雇用の地域間格差別ウィンドウで開きます。(PDF形式 976 KB)勇上和史 399ページ

  1. 401ページ
    1 はじめに
  2. 402ページ
    2 地域間格差の推移と特徴
  3. 415ページ
    3 地域間不均衡の調整機能
  4. 426ページ
    4 地域労働市場をとりまく構造変化
  5. 433ページ
    5 おわりに
  6. 435ページ
    参考文献

13 非正規雇用増加の背景とその政策対応別ウィンドウで開きます。(PDF形式 712 KB)阿部正浩 439ページ

  1. 441ページ
    1 はじめに
  2. 443ページ
    2 増加する非正規雇用
  3. 452ページ
    3 非正規雇用が増加した理由
  4. 461ページ
    4 非正規雇用への対応
  5. 465ページ
    5 結びにかえて
  6. 467ページ
    参考文献

14 女性就業・少子化別ウィンドウで開きます。(PDF形式 887 KB)樋口美雄・佐藤一磨 469ページ

  1. 471ページ
    1 はじめに
  2. 472ページ
    2 女性雇用のバブル景気以降の変化
  3. 479ページ
    3 わが国の女性雇用に関する法律の変遷
  4. 482ページ
    4 女性就業に関する先行研究
  5. 492ページ
    5 女性の継続就業と結婚・出産
  6. 507ページ
    6 結びにかえて
  7. 508ページ
    参考文献

15 若年雇用問題と世代効果別ウィンドウで開きます。(PDF形式 523 KB)太田聰一 513ページ

  1. 515ページ
    1 はじめに
  2. 517ページ
    2 若年雇用問題の概観
  3. 524ページ
    3 世代効果の実証分析
  4. 531ページ
    4 企業の採用行動
  5. 536ページ
    5 結論
  6. 538ページ
    参考文献

16 日本における高年齢者の就業率の高止まりおよび変動の要因別ウィンドウで開きます。(PDF形式 705 KB)山田篤裕 541ページ

  1. 543ページ
    1 はじめに
  2. 544ページ
    2 高年齢者就業率の「高止まり」要因――横断面の国際比較データによる検討
  3. 563ページ
    3 高年齢者就業率の「変動」要因――日本の時系列データによる検討
  4. 580ページ
    4 結びにかえて
  5. 582ページ
    付表 高年齢者就業に関する主要な制度変更(1965―2007年)
  6. 586ページ
    参考文献

17 職業訓練別ウィンドウで開きます。(PDF形式 823 KB)黒澤昌子 591ページ

  1. 593ページ
    1 はじめに
  2. 594ページ
    2 バブル期以降の能力開発
  3. 606ページ
    3 能力開発活動の理論的視点
  4. 610ページ
    4 バブル期以降の能力開発と今後の政策的介入の方向性
  5. 619ページ
    5 結び
  6. 620ページ
    参考文献
  1. 623ページ
    索引別ウィンドウで開きます。(PDF形式 375 KB)

執筆者紹介別ウィンドウで開きます。(PDF形式 91 KB)

編者:
樋口美雄
発行日:
平成22年3月31日
発行所:
慶應義塾大学出版会株式会社別ウィンドウで開きます。
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)