研究会報告書等 No.31
総合的な経済・エネルギー・環境分析に資する技術情報の整備のための研究報告書の公表について

平成19年12月

1. 調査目的

内閣府経済社会総合研究所においては、平成17年度には、「経済・エネルギー・環境分析に資する技術情報及び分析枠組みの研究」として環境関連技術についての文献調査・情報収集、経済・エネルギー・環境分析に資する情報の整理を行い、SNA統計や産業連関表、エネルギー・環境表等を用いた経済・エネルギー・環境分析に技術係数を反映する方法論について検討してきた。

今回の調査では、平成17年度の調査の蓄積を基に、エネルギーバランス表等のエネルギー統計をSNAと整合的に利用する手法を確立するとともに、モデル数値から一次エネルギー量への転換手法を検討する。また、計量モデルを用いた技術評価に資するため、モデルへの実際のインプットのための技術情報のデータフォーマットの検討、収集を行うことを目的としている。

2. 主な報告書内容

本報告書は、以下の通り2部構成となっている。

  1. 第1部 SNAと整合的なエネルギー統計の利用方法の確立
    • エネルギーバランス表、SNA産業連関表、物量表を用い、エネルギー投入表を作成。これにより、エネルギー消費量の計算が可能となった。
    • また、生産誘発額表、エネルギー消費誘発量表、エネルギー誘発係数、エネルギー消費誘発原単位、CO2排出表、CO2誘発量表、CO2誘発係数、CO2誘発原単位といった付帯表も作成。
    • 以上の研究により、エネルギー統計を整備するとともに、環境技術情報を数量的に表現。エネルギー消費量、ひいてはCO2排出量のシミュレーションが可能となった
  2. 第2部 SNAと整合的なエネルギー統計のための技術情報の標準化
    • 太陽光発電システム、ハイブリッド自動車、バイオ燃料、二酸化炭素回収・貯留、・森林管理のライフサイクルコスト分析を整理。
    • また、それらの普及に伴う産業へのインパクトを分析するために、それぞれの産業連関表の投入係数を推計。

以上

全文ダウンロード

総合的な経済・エネルギー・環境分析に資する技術情報の整備のための研究報告書の公表について別ウィンドウで開きます。(PDF形式 5.1 MB)

項目別ダウンロード(全13ファイル)

(注)本調査についての詳しい内容は下記をクリックしてください。

  1. 報告書第1部-1別ウィンドウで開きます。(PDF形式 499 KB)
  2. 報告書第1部-2別ウィンドウで開きます。(PDF形式 475 KB)
  3. 報告書第1部-3別ウィンドウで開きます。(PDF形式 350 KB)
  4. 報告書第1部-4別ウィンドウで開きます。(PDF形式 464 KB)
  1. 報告書第2部-1別ウィンドウで開きます。(PDF形式 387 KB)
  2. 報告書第2部-2別ウィンドウで開きます。(PDF形式 323 KB)
  3. 報告書第2部-3別ウィンドウで開きます。(PDF形式 472 KB)
  4. 報告書第2部-4別ウィンドウで開きます。(PDF形式 485 KB)
  5. 報告書第2部-5別ウィンドウで開きます。(PDF形式 397 KB)
  6. 報告書第2部-6別ウィンドウで開きます。(PDF形式 337 KB)
  7. 報告書第2部-7別ウィンドウで開きます。(PDF形式 429 KB)
  8. 報告書第2部-8別ウィンドウで開きます。(PDF形式 388 KB)
  9. 報告書第2部-9別ウィンドウで開きます。(PDF形式 337 KB)

(注)本研究は日本エネルギー経済研究所への委託調査報告である。

  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)