研究会報告書等 No.48
中国経済発展と日中経済関係に関する研究 報告書

平成22年4月

項目別ダウンロード(全17ファイル)

  1. 2ページ
    目次
  2. 3ページ
    はじめに
  3. 5ページ
    委員名簿
  4. 1.国内研究会
    1. 7ページ
      研究会概要
    2. 8ページ
      第4回国内研究会講演「世界金融危機と中国の経済発展」 ([1](PDF形式 315 KB)別ウィンドウで開きます。[2](PDF形式 548 KB)別ウィンドウで開きます。)
      樊 綱 中国経済改革研究基金会国民経済研究所所長、中国人民銀行金融政策委員
  5. 2.北京ワークショップ(PDF形式 289 KB別ウィンドウで開きます。)
    1. 26ページ
      北京ワークショッププログラム
    2. 29ページ
      基調講演(PDF形式 295 KB別ウィンドウで開きます。)
      堺屋 太一 元経済企画庁長官
    3. 34ページ
      グローバルインバランスから見た中国経済の課題(PDF形式 409 KB別ウィンドウで開きます。)
      関 志雄  野村資本市場研究所シニアフェロー
    4. 42ページ
      グローバルインバランス対するいくつかの認識 ([1](PDF形式 421 KB)別ウィンドウで開きます。[2](PDF形式 293 KB)別ウィンドウで開きます。
      趙 晋平 国務院発展研究センター対外研究部副部長
    5. 51ページ
      External adjustments and coordinated exchange rate policy in Asia(PDF形式 458 KB別ウィンドウで開きます。)
      小川 英治 一橋大学大学院商学研究科教授
    6. 58ページ
      Beyond Exchange Rate: Fundamental Issues and Global Imbalance(PDF形式 363 KB別ウィンドウで開きます。)
      孫 傑 社会科学院 世界経済・政治研究所
    7. 63ページ
      現在の中国マクロ経済が直面している問題(PDF形式 439 KB別ウィンドウで開きます。)
      魏 加寧 国務院発展研究センターマクロ経済研究部副部長
    8. 70ページ
      中国企業の直面する問題点(PDF形式 376 KB別ウィンドウで開きます。)
      渡邉 真理子 日本貿易振興機構アジア経済研究所東アジア研究グループ長
    9. 77ページ
      転換期の日本と日中関係(PDF形式 284 KB別ウィンドウで開きます。)
      李 薇 社会科学院 日本研究所 所長
    10. 79ページ
      中国:期待される『責任ある世界のステークホールダー』としての役割([1](PDF形式 353 KB)別ウィンドウで開きます。[2](PDF形式 387 KB)別ウィンドウで開きます。
      木下 俊彦 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科客員教授
    11. 94ページ
      北京ワークショップ議事録(PDF形式 605 KB別ウィンドウで開きます。)
    12. 200ページ
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)