平成27年度ESRI国際コンファレンス
「経済の好循環と日本経済再生に向けた国際共同研究」マクロ経済政策・金融に関する研究報告会参加者募集

平成28年2月
内閣府経済社会総合研究所


以下のとおり、「平成27年度ESRI国際コンファレンス「経済の好循環と日本経済再生に向けた国際共同研究」マクロ経済政策・金融に関する研究報告会を開催いたします。

参加を希望される方は、ウェブサイト(ESRIホームページ)により事務局までご応募ください。

1.趣旨

内閣府経済社会総合研究所では、内外の有識者の協力を得て国際共同研究を実施しています。

この研究の成果を対外的に示し、関係の国内有識者等の意見を広く集め、よりよい研究へとつなげていく契機とするため、今般の共同研究の報告者を参集し、国際コンファレンス形式の研究報告会を開催します。

2.開催日時

平成28年3月10日(木)10:00~16:50、3月11日(金)9:30~12:20

3.会場

大手町ファーストスクエアカンファレンス別ウィンドウで開きます。別ウィンドウで開きます。
(東京都千代田区大手町 1-5-1ファーストスクエア イーストタワー2F)

  • 東京メトロ 千代田線/東西線/半蔵門線/丸ノ内線
    都営地下鉄 三田線「大手町駅」
    C8/C11/C12 出口から直結
  • JR各線 「東京駅」 丸の内北口 出口から徒歩4分

4.プログラム ※プログラムは変更となる可能性があります。

3月10日(木)

10:00~10:05
主催者、主査あいさつ
10:05~10:55
日本企業の設備投資はなぜ低迷したままなのか-長期停滞論の観点からの再検討-
発表者:中村純一(株式会社日本政策投資銀行)
討論者:細野薫(学習院大学)
11:00~11:50
国際資金余剰・世界金利・長期停滞
発表者:松林洋一(神戸大学)
討論者:小川英治(一橋大学)
13:00~13:50
R&D and Secular Stagnation in Japan
発表者:R.Braun(アトランタ連邦銀行)、中嶋智之(京都大学)
討論者:楡井誠(財務総合政策研究所)
13:50~14:40
技術革新と長期停滞
発表者:二神孝一(大阪大学)、小西邦彦(大阪大学)
討論者:焼田党(名古屋市立大学)
15:00~15:50
日本国債の低金利がもたらす潜在的な影響について考察する研究
発表者:櫻川昌哉(慶應義塾大学)、櫻川幸恵(跡見学園大学)
討論者:北川章臣(東北大学)
15:40~16:40
Effects of the Great Re-cession on the Performance of the Banking Sector
発表者:S.W.Joh(ソウル国立大学)
討論者:清水克俊(名古屋大学)
16:40~16:50
主査講評

3月11日(金)

9:30~10:20
Japanese Monetary Policies and Global Spillovers: Analysis Using the GVAR Model
発表者:R.Dekle(南カリフォルニア大学)
討論者:小枝淳子(早稲田大学)
10:20~11:10
日本の期待インフレ率の変遷
発表者:沖本竜義(オーストラリア国立大学)
討論者:開発壮平(日本銀行)
11:10~12:00
量的・質的金融緩和により銀行行動は変化したか?
発表者:本多佑三(関西大学)、井上仁(札幌学院大学)、立花実(大阪府立大学)
討論者:渡部和孝(慶應義塾大学)
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)