「サービス・イノベーションへの期待」

ESRI国際シンポジウム「サービス・イノベーションへの期待-理学は、実業の諸問題を解決出来るか(理学研究者による現場見学・問題解決方法を生討論)-」(平成23年2月21日)

サービス・イノベーションへの期待(内閣府 経済社会総合研究所の取り組み)

内閣府経済社会総合研究所(ESRI)では、平成21年度に「サービス・イノベーション政策に関する国際共同研究」と銘打った研究プロジェクトを創設し、本年までの2年間、サービス・イノベーション研究を支援してきました。

平成22年度の「流通と理学」研究会では、渋滞学の権威・西成活裕教授に研究会座長を務めていただき、企業の最前線でご活躍されている方々、学術界のプロフェッショナルの方々にご参画いただく形で、創造的な研究を進めてきました。

本国際シンポジウムを通して、「サービス・イノベーションの可能性」を、多くの方と共有することができればと願っています。

小野 善康 内閣府 経済社会総合研究所 所長

内閣府 経済社会総合研究所 所長

小野 善康

「理学は実業の問題を解決できるか」(「流通と理学」研究会 座長挨拶)

内閣府経済社会総合研究所「サービス・イノベーションに関する国際共同研究」において「流通と理学」研究会座長を務めております西成活裕です。「流通と理学」研究会では、平成22年度の活動の締めとして、委員の先生方にお集まり頂き、「現場×理学」をテーマに討論を重ねていただきます。

具体的には、企業の最前線でご活躍されている「現場」の方々から活きた問題を「お題」として提示していただきます。それに対して、理学のプロフェッショナルである学者がその場でそれらの「お題」を解決していきます。理学サイドには数学者ばかりではなく、生物学の研究者にも加わってもらいました。

企業の方や研究者、学生の皆様、さらにサービスサイエンスに携わる大学関係者や行政の方など、様々な分野から人々が集まり、その知恵を結集することで「流通と理学」研究会が、いっそうイノベーティブな活動を展開できるものと期待しています。

西成 活裕 東京大学 先端科学技術センター 教授

「流通と理学」研究会座長

東京大学先端科学技術研究センター 教授

西成 活裕

講師・パネリスト(敬称略)

研究会座長

西成 活裕 東京大学 先端科学技術研究センター 教授

西成 活裕 東京大学 先端科学技術研究センター 教授

基調講演

Prof. Dr. Andreas Schadschneider
Title: Modeling of production processes with cellular automata models

A.シャドーシュナイダー教授 ドイツ ケルン大学
テーマ「ドイツにおける流通と理学研究」
副題「セル・オートマンによる生産プロセスのモデル化」

A.シャドーシュナイダー教授 ドイツ ケルン大学

招待講演

井上達男
株式会社ダイフク研究・研修センター 代表取締役社長
テーマ「物流現場と理学 ~マテハンの視点から~」

井上達男 株式会社ダイフク研究・研修センター 代表取締役社長

パネルディスカッション1(数学セッション)

モデレーター 西成 活裕 東京大学 先端科学技術研究センター 教授

テーマ「数学が流通問題を解決する~現場事例を踏まえて~」

パネリスト【数学者】

小林正典 首都大学東京 理工学研究科 准教授

小林正典 首都大学東京 理工学研究科 准教授

前野俊昭 京都大学大学院 工学研究科 講師

前野俊昭 京都大学大学院 工学研究科 講師

栗原 聡 大阪大学 産業科学研究所 准教授

栗原 聡 大阪大学 産業科学研究所 准教授

牧野和久 東京大学大学院 情報理工学系研究科 准教授

牧野和久 東京大学大学院 情報理工学系研究科 准教授

【実務家】

石澤直孝 日本郵船株式会社 技術グループ

R&D事業開発室室長代理

石澤直孝 日本郵船株式会社 技術グループ R&D事業開発室室長代理

樋口宣人 ケンコーコム株式会社 取締役

樋口宣人 ケンコーコム株式会社 取締役

パネルディスカッション2(生物学セッション)

モデレーター 西成 活裕 東京大学 先端科学技術研究センター 教授

テーマ「生物学が流通問題を解決する~創発的アプローチ~」

パネリスト【生物学者】

小林 亮 広島大学大学院 理学研究科 教授

小林 亮 広島大学大学院 理学研究科 教授

佐竹暁子 北海道大学大学院

地球環境科学研究院 准教授

佐竹暁子 北海道大学大学院 地球環境科学研究院 准教授

竹内秀明 東京大学大学院 理学系研究科 助教

竹内秀明 東京大学大学院 理学系研究科 助教

栗原 聡 大阪大学 産業科学研究所 准教授

栗原 聡 大阪大学 産業科学研究所 准教授

【実務家】

宮田啓友 楽天物流株式会社 代表取締役社長

宮田啓友 楽天物流株式会社 代表取締役社長

恵谷 洋 TNTエクスプレス株式会社 取締役営業本部長

恵谷 洋 TNTエクスプレス株式会社 取締役営業本部長

(写真提供:日経BP社)

石澤直孝 日本郵船株式会社 技術グループ

R&D事業開発室室長代理

石澤直孝 日本郵船株式会社 技術グループ R&D事業開発室室長代理

樋口宣人 ケンコーコム株式会社 取締役

樋口宣人 ケンコーコム株式会社 取締役

主催者より

青山 伸 内閣府 経済社会総合研究所 総括政策研究官

青山 伸 内閣府 経済社会総合研究所 総括政策研究官

開催概要

  • 日程
    2011年2月21日(月)13:00~17:00
  • 場所
    日本科学未来館7階 みらいCANホール
  • 主催
    内閣府 経済社会総合研究所(ESRI)
    Economic and Social Research Institute, Cabinet Office, Government of Japan

プログラム

2011年2月21日(月)13:00-17:00
時間 プログラム 講演者(敬称略)
13:00 開会 内閣府 経済社会総合研究所
13:00-13:10 研究会座長挨拶 西成 活裕 東京大学 教授
13:10-13:30 Keynote speech
Prof. Dr. Andreas Schadschneider
Title: Modeling of production processes with cellular automata models
基調講演
「ドイツにおける流通と理学研究
~セル・オートマンによる生産プロセスのモデル化~」
Prof. Dr. Andreas Schadschneider
A.シャドーシュナイダー ケルン大学 教授
13:30-13:50 招待講演
「物流現場と理学
~マテハンの視点から~」
井上達男
株式会社ダイフク研究・研修センター
代表取締役社長
13:50-14:00 休憩  
14:00-15:20 パネル討議1
「数学が流通問題を解決する
~現場事例を踏まえて~」
司会:西成 活裕 東京大学 教授
パネリスト
小林正典
首都大学東京 准教授
前野俊昭
京都大学大学院 講師
栗原 聡
大阪大学 准教授
牧野和久
東京大学大学院 准教授
石澤直孝
日本郵船株式会社
樋口宣人
ケンコーコム株式会社
15:20-15:30 休憩  
15:30-16:50 パネル討議2
「生物学が流通問題を解決する
~創発的アプローチ~」
司会:西成 活裕 東京大学 教授
パネリスト
小林 亮
広島大学大学院教授
佐竹暁子
北海道大学大学院 准教授
竹内秀明
東京大学大学院 助教
栗原 聡
大阪大学 准教授
恵谷 洋
TNTエクスプレス株式会社
宮田啓友
楽天物流株式会社
石澤直孝
日本郵船株式会社
樋口宣人
ケンコーコム株式会社
16:50-16:55 研究会座長総括  
16:55-17:00 閉会 青山 伸 内閣府経済社会総合研究所

総括政策研究官

  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)