「サービス・イノベーションへの期待-理学に期待する:現場との協働-」

ESRIワークショップ「サービス・イノベーションへの期待-理学に期待する:現場との協働-」(平成22年8月24日)

サービス・イノベーションへの期待(内閣府 経済社会総合研究所の取り組み)

我が国では、雇用の約20%を担う製造業の生産性は高いのですが、雇用の約70%を占めるサービス業の生産性は低く、経済社会の持続的発展のためには、サービス業の生産性向上(イノベーション)がまさに鍵となっています。

このため、内閣府経済社会総合研究所(ESRI)では、平成21年度に「サービス・イノベーション政策に関する国際共同研究」と銘打った研究を開始し、サービス・イノベーション研究を進めています。

本日ワークショップを開催する「流通と理学」研究会では、渋滞学の権威、西成活裕教授を座長にお願いし、企業の最前線で活躍されている方々、学術のプロフェッショナルの方々にお集まり頂き、創造的な研究を進めているところです。

このワークショップをとおして、流通を理学の視点から考えることで、サービス・イノベーションの可能性を多くの方々と共有できればと願っています。

内閣府経済社会総合研究所 総括政策研究官

青山 伸

「理学は実業の問題を解決できるか」(「流通と理学」研究会 座長挨拶)

内閣府経済社会総合研究所「サービス・イノベーションに関する国際共同研究」において「流通と理学」研究会座長を務めております西成活裕です。

「流通と理学」研究会では、平成22年度の最初の活動として公開ワークショップを開催することと致しました。このワークショップでは委員の先生方にお集まり頂き、「現場×理学」をテーマに討論を重ねていただきます。

具体的には、企業の最前線でご活躍されている「現場」の方々から活きた問題を「お題」として提示していただきます。それに対して、理学のプロフェッショナルである学者がその場でそれらの「お題」を解決していきます。加えて、物流の専門家の先生には、双方の意見を融合し企業や行政への提案を示唆していただきます。

企業の方や研究者、学生の皆様、さらにサービスサイエンスに携わる大学関係者や行政の方など、様々な分野から人々が集まり、その知恵を結集することで「流通と理学」研究会が、いっそうイノベーティブな活動を展開できるものと期待しています。

「流通と理学」研究会座長

東京大学先端科学技術研究センター 教授

西成 活裕

講師・パネリスト(敬称略)

主催者挨拶

岩田 一政 内閣府経済社会総合研究所 所長

岩田 一政 内閣府経済社会総合研究所 所長

プロローグ

テーマ「理学は実業の諸問題を解決できるか」
西成 活裕 東京大学先端科学技術研究センター 教授

西成 活裕 東京大学先端科学技術研究センター 教授

基調講演

テーマ「ロジスティックスにおける数理的分析の可能性」
苦瀬博仁 東京海洋大学 理事・副学長

苦瀬博仁 東京海洋大学 理事・副学長

招待講演1

テーマ 「数理科学による物流合理化 その現状と課題」
高井英造 株式会社フレームワークス 特別技術顧問

高井英造 株式会社フレームワークス 特別技術顧問

招待講演2

テーマ 「物流における情報通信技術の課題と取り組み」
石澤直孝 日本郵船株式会社 技術グループ R&D事業開発室 室長代理

石澤直孝 日本郵船株式会社 技術グループ R&D事業開発室 室長代理

パネルディスカッション

テーマ「理学に期待する:現場との協働」

司会

西成 活裕 東京大学先端科学技術センター 教授

パネリスト

  • 苦瀬博仁
    東京海洋大学 理事・副学長
  • 前野俊昭
    京都大学大学院工学研究科 講師
  • 高井英造
    株式会社フレームワークス 特別技術顧問
  • 石澤直孝
    日本郵船株式会社 技術グループ
    R&D事業開発室 室長代理
  • 北村浩一
    株式会社日立製作所 モノづくり技術事業部 トータルSCM推進センター

主催者挨拶(閉会の辞)

青山伸 内閣府経済社会総合研究所 総括政策研究官

青山伸 内閣府経済社会総合研究所 総括政策研究官

開催概要

  • 日程
    2010年8月24日(火)13:30~17:30
  • 場所
    株式会社日本総合研究所 1階 会議室
    (地下鉄半蔵門線、半蔵門駅下車、徒歩約5分)
  • 主催
    内閣府 経済社会総合研究所(ESRI)
    Economic and Social Research Institute, Cabinet Office,Government of Japan

プログラム

2010年8月24日(火)13:30-17:30
時間 プログラム 講演者(敬称略)
13:30 開会  
13:30-13:40 主催者挨拶 10分 内閣府経済社会総合研究所
所長 岩田 一政
13:40-14:00 プロローグ(座長趣旨説明)20分
「理学は実業の諸問題を解決できるか」
東京大学先端科学技術研究センター
教授 西成 活裕
14:00-14:40 基調講演 40分 
「ロジスティックスにおける数理的分析の可能性」
東京海洋大学 理事・副学長
苦瀬博仁
14:40-15:00 休憩(20分)  
15:00-15:20 招待講演1 20分 
「数理科学による物流合理化 その現状と課題」
株式会社フレームワークス
特別技術顧問 高井英造
15:20-15:40 招待講演2 20分 
「物流における情報通信技術の課題と取り組み」
日本郵船株式会社 技術グループ
R&D事業開発室 室長代理
石澤直孝
15:40-16:00 休憩(20分)  
16:00-17:25 パネルディスカッション 85分
「理学に期待する:現場との協働」

(会場との質疑応答、自由討論)

司会
 西成 活裕(東京大学)
パネリスト
 苦瀬博仁(東京海洋大学)
 前野俊昭(京都大学)
 高井英造(フレームワークス)
 石澤直孝(日本郵船)
 北村浩一(日立製作所)
17:25-17:30 閉会の辞 5分 内閣府経済社会総合研究所
総括政策研究官 青山 伸
17:30 閉会  
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)