税制改革に関する国際フォーラム

平成14年11月25日
経済社会総合研究所

現在、構造改革の一環として税制改革が重要な課題となっており、経済に活性化をもたらすような広く薄い所得税制、企業の国際競争力を強化するための法人税制、国税と地方税の見直し等について幅広く議論が行われている。

内閣府経済社会総合研究所においても、これまで国の税制改革や地方財政についてESRI-経済政策フォーラムを開催するなど、広く公開の場で議論を行ってきた。

他方、税制改革に関しては、我が国自身の経験に加え、レーガン政権、サッチャー政権下の改革など欧米の経験を理論的、実証的に分析し、解決のための方策について検討を進めていくことも重要である。

こうした状況を踏まえ、当研究所では、米国から深い学識経験を有する専門家を招聘し、日本の有識者との間で活発な議論を行い、我が国における税制改革の方向性を探るため本フォーラムを開催することとした。

  1. 開催日:平成14年9月12日(木)
  2. 開催場所:第4合同庁舎 共用第4特別会議室(406号室)
  3. 会議の詳細

以上

  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)