OECD対中審査報告書発表記念
国際フォーラム「中国経済:成長の持続可能性と所得格差」

内閣府経済社会総合研究所

  1. 開催趣旨:

    「OECD対中審査報告」を今回来日している執筆者(リチャード・ハード、マルギット・モルナー)の一人より紹介するとともに、所得格差問題など、中国経済の抱える課題について、内外の有識者により、公開で議論いただいた。

  2. 日時:9月20日(火)14:30-17:00
  3. 主催:内閣府経済社会総合研究所、OECD東京センター
  4. 後援:時事通信社
  5. 場所:時事通信ホール(東京都中央区銀座5-15-8)
  6. 出席者
    出席者
    司会:大守隆(経済社会総合研究所次長)
    パネリスト: リチャード・ハード(OECDシニアエコノミスト)
    庄健(ADB中国事務所シニアエコノミスト)
    大谷一朗(前IMF中国事務所所長)
    徐向東(キャストコンサルティング株式会社代表取締役)
  7. 論点
    • 持続可能な経済発展のための方策
    • 所得格差の拡大(階層間+地域間)と雇用問題
      • 所得格差の解決方法と農民の所得向上方策
      • 地域間人口移動の是非、実現可能性
      • 西部大開発、東北大開発などの実現可能性
      • 所得格差がもたらす政治不安
  8. アジェンダ
    アジェンダ
    14:30 基調講演:リチャード・ハード

    「OECD対中審査報告概要」(30分)

    15:00パネル・ディスカッション(100分)
    16:40会場との質疑応答(15分)
    16:55総括コメント(5分)
  9. その他
    • 日英同時通訳あり。
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)