国際フォーラム:
「ポスト京都議定書」の政策課題-政策の枠組みと長期目標へのアプローチ-

内閣府経済社会総合研究所

今年から京都議定書の第一約束期間が始まり、2013年以降のポスト京都議定書についての議論が本格化しています。

そこで、経済社会総合研究では、当研究所で実施している「「ポスト京都議定書」の政策課題に関する国際共同研究」に参加している内外の研究者を迎え、その成果について広く公開し、議論することを目的とした国際フォーラム「「ポスト京都議定書」の政策課題-政策の枠組みと長期目標へのアプローチ-」を開催しました。

  1. 日時:平成20年3月6日(木) 13:00 ~ 16:30
  2. 主催:内閣府経済社会総合研究所
  3. 場所:三田共用会議所 3階 大会議室
    (東京都港区三田二丁目1番8号)
  4. 議事次第:
    • (1)挨拶
    • (2)基調講演

      「ポスト京都議定書に向けた課題」

      講演者 西村六善 内閣官房参与(地球環境問題担当)

      ※講演内容は、「5.国際フォーラム会議録」でご覧になれます。

    • (3)パネルディスカッション

      「ポスト京都の枠組みと長期目標へのアプローチ」、「環境技術の展望と伝播」の2つテーマについて、内外の専門家によるパネルディスカッションを行いました。

      • パネリスト一覧(順不同)
        • 植田和弘
          京都大学経済学部教授
        • Christian Egenhofer
          CEPS(欧州政策研究所)上席研究員
        • Corrado Di Maria
          ダブリン大学講師 (Frank Convery ダブリン大学教授の代理出席)
        • Carlo Carraro
          ベネチア大学教授
        • ZOU JI
          中国人民大学環境学院副院長
        • Seung Jick Yoo
          韓国エネルギー経済研究院ディレクター
      • 各セッションの発表者

        セッション(1)ポスト京都の枠組みと長期目標へのアプローチ

        • 植田和弘
          京都大学経済学部教授(資料 PDF形式 106 KB別ウィンドウで開きます。
        • Christian Egenhofer
          CEPS(欧州政策研究所)上席研究員(資料 PDF形式 202 KB別ウィンドウで開きます。

        セッション(2)環境技術の展望と伝播

    • (4)質疑応答
  5. 国際フォーラム会議録

<担当> 内閣府経済社会総合研究所研究官室 前中(電話番号03-6257-1615)

  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)