第3回 自治体マネジメントフォーラム
「自治体マネジメントをどう創るか:ビジョン・共有・協働」

内閣府経済社会総合研究所

会場写真
  • 1.開催趣旨

    日本でニュー・パブリック・マネジメント(New Public Management)が紹介され、はや10年となります。その間、地方分権一括法、政策評価法の成立・施行、三位一体改革の実施など地方自治体をとりまく環境は大きく変化していますが、自治体マネジメントの進展はまだまだこれからといった感が否めません。こうした観点から、内閣府経済社会総合研究所のNPM研究ユニットでは、「自治体マネジメント研究会」を立ち上げ、自治体マネジメントの進展や状態を測定するためのアンケート調査を実施いたしました。
    本フォーラムでは、当研究ユニットの調査報告を行うとともに、自治体マネジメントをどう創るかについて、アンケート調査結果や事例分析結果等も含めて、ビジョン・共有・協働の観点から考えます。

  • 2.日時
    :平成20年3月26日(水) 13:30 ~ 16:30
  • 3.主催
    :内閣府経済社会総合研究所
  • 4.場所
    :東京グリーンパレス(千代田区麹町) 大宴会場「ふじ」
     
    (東京都千代田区二番町2番地)
  • 5.概要
     
    • 13:30-13:35
      開会挨拶(5分)
      鈴木 英之
      (内閣府経済社会総合研究所総括政策研究官)
    • 13:35-13:55
      研究課題:「自治体マネジメントをどう創るか:ビジョン・共有・協働」について(20分)
      大住 莊四郎
      (内閣府経済社会総合研究所客員主任研究官・関東学院大学教授)
    • 13:55-14:30
      報告「自治体マネジメントに関するアンケート調査」(35分)
      天木 大祐
      (内閣府経済社会総合研究所行政実務研修員)
      稲田 智文
      (内閣府経済社会総合研究所行政実務研修員)
    • (休憩10分間)
    • 14:40-16:30
      パネルディスカッション(110分)
      コーディネータ:
       
      玉村 雅敏
      (内閣府経済社会総合研究所客員研究員・慶應義塾大学准教授)
      パネリスト:
       
      中道 俊之
      (滝沢村経済産業部長)
      (資料参照:[1]PDF形式 116 KB別ウィンドウで開きます。
      白井 宏之
      (松戸市総務企画本部企画管理室長補佐)
      (資料参照:[1]PDF形式 238 KB別ウィンドウで開きます。[2]PDF形式 459 KB別ウィンドウで開きます。
      沢田 稔幸
      (東海市企画部企画政策課長)
      (資料参照:[1]PDF形式 343 KB別ウィンドウで開きます。[2]PDF形式 293 KB別ウィンドウで開きます。[3]PDF形式 397 KB別ウィンドウで開きます。[4]PDF形式 500 KB別ウィンドウで開きます。[5]PDF形式 314 KB別ウィンドウで開きます。
      大住 莊四郎
      (内閣府経済社会総合研究所客員主任研究官・関東学院大学教授)
    • 16:30
      閉会
<問い合わせ先>
内閣府経済社会総合研究所 稲田・仙敷 TEL03-6257-1615
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)