平成26年度国際研究報告会
第7回ESRI-CEPREMAP共同ワークショップ
「政策当局におけるマクロ経済モデル」

この度、内閣府経済社会総合研究所では、第7回ESRI-CEPREMAP共同ワークショップ「政策当局におけるマクロ経済モデル」を開催いたします。参加を希望される方は、以下の応募方法をご確認の上、11月6日(木)までにご応募ください。なお。先着40名様となりますので、11月6日よりも前に定員に達した場合は、事務局よりご連絡申し上げます。

応募方法

第7回ESRI-CEPREMAP共同ワークショップ「政策当局におけるマクロ経済モデル」は終了いたしました。多数のご応募ありがとうございました。

  1. 開催趣旨:

    近年、各国中央銀行・政府や国際機関等の政策現場において、IS-LM型の大量計量モデルに加えて、ミクロ的基礎付けのあるニューケインジアン型DSGE(Dynamic Stochastic General Equilibrium:動学的確率的一般均衡)モデルを開発し、政策分析や予測に活用する動きが急速に進んでいます。

    「政策当局におけるマクロ経済モデル」では、DSGEモデル研究において最前線でご活躍中の研究者を国内外からお招きし、招へい研究者の皆様と内閣府経済社会総合研究所による研究成果発表を行います。発表を通して、DSGEモデルに関する最新の研究成果の集約、研究交流の拡大を図り、わが国におけるニューケインジアン型DSGEモデルの開発に貢献するとともに、モデル改良への示唆を得ることを目的としています。

  2. 日時: 2014年11月13日(木)9:50~17:05(受付開始時間 9:20)
  3. 主催: 内閣府経済社会総合研究所
  4. 会場: 内閣府庁舎[中央合同庁舎4号館] 220会議室(東京都千代田区霞が関3-1-1)
  5. 言語: ワークショップでの使用言語ならびに配布資料は英語
  6. 議事次第:
報告(1)
講演「Overview and Uses of Economic Models at the IMF」
報告(2)
講演「Introduction to the GPM model」
報告(3)
「Introducing Unemployment and Non-wasteful Government Spending into a Medium-scale DSGE model」(蓮見亮氏と共著)
報告(4)
「Our Econometric Analyses on the Japanese Economy-what we do in the Office of Econometric Analysis, Policy Research Institute, the Japan Ministry of Finance」
報告(5)
「New Monthly Estimation Approach for Nowcasting GDP Growth: The Case of Japan」

<担当> 内閣府経済社会総合研究所 DSGEコンファレンス担当(電話番号 03-6257-1603)

  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)