ESRI国際コンファレンス「日本の高齢化:団塊の世代引退の影響」

内閣府経済社会総合研究所

  1. 日時:平成28年8月2日(火) 9時00分 ~ 18時00分
  2. 場所:アジア開発銀行研究所(霞ヶ関ビルディング8階)大会議室
  3. 議事次第
    9:00
    開会挨拶

    特別セッション: 需要と供給:米国と日本から学ぶ

    9:10-9:40
    発表者:ジェイソン・ファーマン 米国大統領経済諮問委員会(CEA)委員長 発表資料別ウィンドウで開きます。(PDF形式 384 KB)
    9:40-10:00
    Q&A

    セッション1:団塊の世代引退の経済的影響

    議長:梅溪健児 内閣府経済社会総合研究所顧問

    10:00-10:30
    発表者:坪内浩 内閣府経済社会総合研究所総括政策研究官 発表資料別ウィンドウで開きます。(PDF形式 847 KB)
    10:30-10:40
    Q&A
    10:40-11:00
    <休憩>

    セッション2:団塊の世代が引退し、医療・介護需要が増大することが労働市場に与える影響

    議長:梅溪健児 内閣府経済社会総合研究所顧問

    11:00-11:25
    発表者:近藤絢子 東京大学准教授
    11:25-11:40
    討論者:オリビア・ミッチェル ペンシルベニア大学教授
    11:40-12:05
    討論
    12:05-13:25
    <休憩>

    セッション3:日本の人口高齢化の家計貯蓄、資産選択に与える影響

    議長:アニル・カシャップ シカゴ大学教授

    13:30-13:55
    発表者:祝迫得夫 一橋大学教授 
    13:55-14:10
    討論者:ジェームズ・ポターバ マサチューセッツ工科大学教授 発表資料別ウィンドウで開きます。(PDF形式 140 KB)
    14:10-14:35
    討論
    14:35-14:55
    <休憩>

    セッション4:日米は高齢化圧力をいかに下げうるか

    議長:アニル・カシャップ シカゴ大学教授

    14:55-15:20
    発表者:クラウディア・ゴルディン ハーバード大学教授
    15:20-15:35
    討論者:敦賀貴之 内閣府経済社会総合研究所主任研究官
    15:35-16:00
    討論
    16:00-16:20
    <休憩>

    セッション5:高齢化に関するパネル・ディスカッション

    モデレーター:梅溪健児 内閣府経済社会総合研究所顧問

    16:20-17:55
    パネリスト :
    • 伊藤 元重 学習院大学教授
    • エドワード・ラジアー スタンフォード大学教授 発表資料別ウィンドウで開きます。(PDF形式 148 KB)
    • ジェームズ・ポターバ マサチューセッツ工科大学教授 発表資料別ウィンドウで開きます。(PDF形式 319 KB)
    • 清家篤 慶應義塾長・内閣府経済社会総合研究所名誉所長 発表資料別ウィンドウで開きます。(PDF形式 228 KB)
    18:00
    閉会
  4. 議事概要別ウィンドウで開きます。(PDF形式 696 KB)
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)