第49回ESRI経済政策フォーラム
議事次第

「幸福度・質的成長の測定 ― 新しい社会指標の整備方針を探る― 」

平成24年12月17日(月)10:00~12:30
航空会館 7階 702-703会議室
(東京都港区新橋1-18-1)

本フォーラムの議論の詳細につきましては、事務局の責任により議事録別ウィンドウで開きます。(PDF形式 337 KB)に取りまとめましたので、ご参照ください。

  • 10:00~10:05
    開会挨拶
  • 10:05~10:10
    コーディネーターによる冒頭問題提起
  •  
    コーディネーター 西村周三 国立社会保障・人口問題研究所長
  • 10:10~11:10
    各パネリストによる意見開陳
  •  
    パネリスト
    • 「幸福度測定と生活の質に関する調査」
      山内直人 大阪大学教授 (内閣府幸福度に関する研究会座長)
      「日本の統計制度における主観的指標の位置づけ」
      川崎 茂 日本大学教授 (元総務省統計局長)
      「官公庁における世論調査の枠組みと品質管理の課題について」
      吉野諒三 統計数理研究所教授
      「幸福度測定の結果をどのように政策に活用できるのか―死生の観点からみた幸福度」
      小谷みどり 第一生命経済研究所主席研究員
  • 11:10~11:20
    <休憩>
  • 11:20~11:55
    全体討論
  • 11:55~12:25
    会場との質疑応答
  • 12:25~12:30
    コーディネーターによるまとめ 西村周三(前述)
  • 12:30
    閉会
  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)