第53回 ESRI-経済政策フォーラム
GDP統計改革のフロンティア
参加者募集

平成29年12月25日
内閣府経済社会総合研究所


以下のとおり、第53回ESRI-経済政策フォーラム「GDP統計改革のフロンティア~GDP統計における新たな推計アプローチの開発と新分野の経済活動の計測に向けて~」を開催いたします。参加を希望される方は、ウェブサイト(ESRIホームページ)より事務局までご応募ください。

ウェブサイト(ESRIホームページ)からご応募いただけます。「こちらの登録フォーム」をクリックし、記入欄に必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。

定員(80名)に達したため、ご応募は締切りました。
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

1.趣旨

現在、政府では「統計改革の基本方針」(平成28年12月経済財政諮問会議決定)や「統計改革推進会議最終取りまとめ」(平成29年5月統計改革推進会議決定)に基づいて、国民経済計算(GDP統計)の推計に用いられる基礎統計やGDP統計の加工・推計手法等の改善、また、産業連関表の供給・使用表(SUT)体系への移行とその基盤となる基礎統計の拡充・改善等、GDP統計を軸にした経済統計の改善に一体となって取り組んでいる。

こうした中、内閣府経済社会総合研究所では、GDP統計の改善に関する研究に取り組むため、本年度よりSUT体系研究推進、デフレーター(医療、教育)、新分野(シェアリングエコノミー等)に関する各研究ユニットを新たに立ち上げ、GDP統計の精度向上に向けた推計方法の改善の検討やサービスの質向上や新分野の計測に向けた研究を行っている。

本フォーラムでは、上記研究の取組状況等を民間エコノミスト等統計ユーザーに報告するとともに、GDP統計の改善に資する課題について議論を行う。

2.開催日時

平成30年1月22日(月)14:30~17:45(開場14:00)

3.会場

中央合同庁舎第8号館623会議室

(千代田区永田町1-6-1中央合同庁舎第8号館6階)

千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前」駅3番出口すぐ

※車でのご来場はご遠慮下さい。

※8号館には内閣府庁舎の入口から入館登録を経てお入り頂くことになります。入館登録の際に身分証が必要になります。

4.プログラム ※プログラムは変更となる可能性があります。

14:30–14:45 イントロダクション

「現代の3Cが問うもの」

西崎 文平
経済社会総合研究所長

14:45–15:15 基調講演

「経済構造の変化とGDP統計の改善」

宮川 努
学習院大学教授

15:15–16:30 第一部 サービスの質向上や新分野の計測に向けた研究について

モデレーター

櫻本 健
立教大学准教授

(1)サービスの質の変化を反映した価格の把握手法に関する研究(医療、教育)

発表者

市川 恭子
経済社会総合研究所上席主任研究官
鈴木 晋
経済社会総合研究所主任研究官

(2)新分野(シェアリング・エコノミー等)に関する研究

発表者

吉岡 真史
経済社会総合研究所上席主任研究官

(3)質疑応答

16:30–16:50 <休憩>

16:50–17:45 第二部 GDP統計の精度向上に向けた推計方法の改善について

モデレーター

中村 洋一
法政大学教授

(1)SUT体系への移行に関する取組

発表者

長谷川 秀司
経済社会総合研究所総括政策研究官

(2)QEの見直し、遡及系列の作成、最新の年次推計

発表者

二村 秀彦
経済社会総合研究所国民経済計算部長

(3)質疑応答

17:45 閉会

5.その他

フォーラム開催後、議事録及び配布資料をホームページ等で公表する予定です。

  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)