第56回ESRI-経済政策フォーラム
世界的な対外経済不均衡の趨勢と今後の展望
参加者募集

平成31年1月11日
内閣府経済社会総合研究所


以下のとおり、第56回ESRI-経済政策フォーラム「世界的な対外経済不均衡の趨勢と今後の展望」を開催いたします。参加を希望される方は、下記ウェブサイト(外部ページ)より事務局までご応募ください。

以下の専用応募フォームよりお申込みください。
『第56回ESRI-経済政策フォーラム』参加応募受付フォーム

先着順で定員(120名)に達し次第、締切りとさせていただきます。

1.趣旨

米中間の貿易摩擦をはじめとして世界経済の見通しに不透明感が増している中、米国と新興諸国等との間を中心として、世界的な対外経済不均衡の趨勢と今後の展望について、関連分野の第一線の識者をお招きして見解をおうかがいするとともに、パネルディスカッションを通じて、日本の対応等を含めて議論を展開いただく。

2.開催日時

平成31年2月5日(火)9:30~12:30(開場9:00)

3.会場

東海大学校友会館「望星の間」

(千代田区霞が関3-2-5霞が関ビル35階)

4.プログラム ※プログラムは変更となる可能性があります。

9:30–9:35 主催者挨拶

西崎 文平
経済社会総合研究所長

9:35–9:50 報告1

「米国の通商政策の現状及び見通し」

中澤 信吾
在アメリカ合衆国日本国大使館参事官 ※Web中継

9:50–10:05 報告2

「国際通商摩擦の我が国企業への影響について」

野村 裕
経済社会総合研究所総括政策研究官

10:05–10:15 <休憩>

10:15–12:30 パネルディスカッション

主査

祝迫 得夫
一橋大学経済研究所教授

パネリスト(50音順)

木村 福成
慶應義塾大学経済学部教授
呉 軍華
株式会社日本総合研究所理事
笹原 彰
University of Idaho, Assistant Professor of Economics
松林 洋一
神戸大学大学院経済学研究科教授

12:30 閉会

5.その他

フォーラム開催後、議事録及び配布資料をホームページ等で公表する予定です。

  • 〒100-8914
    東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館
  • 電話 03-5253-2111(代表)